現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRCドイツ:タナクとヌービルが僅差で首位争う。王者オジエも3番手から虎視眈々

ここから本文です
スポーツ 2019.8.24
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WRC世界ラリー選手権第10戦ドイツは8月23日、デイ2のSS2~6が行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が前日に引き続き総合首位に立っている。最高峰クラスに初挑戦している勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)は総合11番手で競技2日目を無事に終えた。

 フルターマック(舗装路)イベントのラリー・ドイチェランドは競技2日目を迎え、ドイツ西南部のボスタルジーを中心に3本のステージを午前と午後に各1回ずつ走る計6本のSSで争われた。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン