現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2021年型マシンの空力デザインを模索するF1。デザインコンセプトが確認できる風洞実験映像を初公開

ここから本文です
スポーツ 2019.8.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1は、2021年型マシンの空力デザインモデルを風洞実験で走らせる様子を、独占映像として公開した。

 今年10月にはF1の新たな規則が決まることになっているが、F1とFIAは過去12カ月間にわたり、2021年導入のマシンについて、空力デザインの研究開発に力を注いできた。

    【レッドブル・ホンダ前半戦評価】フェルスタッペン、直近5戦で最多ポイントの絶好調。ランキング2位も射程圏内に

 初期の研究では、F1の持つ最先端のCFD(計算流体力学)が駆使された。その後、検証を行う目的で開発作業の場所は風洞施設に移され、50%スケールのモデルを使って、厳重な機密保持の条件下でテストが行われた。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン