現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ル・マン24時間でのマックス・フェルスタッペン起用を目指すアストンマーチン

ここから本文です
スポーツ 2019.7.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020-2021年のいわゆる”ハイパーカー”規則が導入されるWEC(世界耐久選手権)に参戦を表明しているアストンマーチン。同社は”ヴァルキリー”のレーシングバーションをWECで走らせ、ル・マン24時間レースでの総合優勝を目指している。

 このヴァルキリーは、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズのサポートを受けて開発されたマシンで、天才的デザイナーであるエイドリアン・ニューウェイが手掛けた。そしてアストンマーチンは、レッドブルF1チームのタイトルスポンサーも手掛けている。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン