現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 独走で完全優勝のマルケス「最初から最後までリードする戦略だった」/MotoGP第9戦ドイツGP 決勝トップ3コメント

ここから本文です
スポーツ 2019.7.8

独走で完全優勝のマルケス「最初から最後までリードする戦略だった」/MotoGP第9戦ドイツGP 決勝トップ3コメント

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第9戦ドイツGPの決勝レースを終え、MotoGPクラスで表彰台を獲得したマルク・マルケス、マーベリック・ビニャーレス、カル・クラッチローが会見に登場。レースを振り返るとともに、後半戦に向けての展望などを語った。

■マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム(決勝 優勝)
「最初から最後までレースをリードするのが戦略だった。最初の2周は落ち着いていこうと思った。レプソル・ホンダ・チームにとって、いい仕事をしたと思う。うまくいった」

    電動バイクレースMotoE開幕/【順位結果】MotoE開幕戦ドイツ決勝

「フリー走行4回目で、いい方向性を見つけることができたんだ。電子制御面だったり、タイヤだったりね。最初はリヤタイヤにはハードを履こうと思っていたんだけど、ウオームアップ走行後、そしてグリッド上でミディアムタイヤで行こうと決めたんだ。これは正しい判断だったね。最後までいいフィーリングだったよ。サマーブレイク前にこうして勝てて、とてもうれしいよ。すべてがうまくいっている」

「モンメロ(カタルーニャGP)までは、ドヴィ(アンドレア・ドヴィツィオーゾ)と争っていた。もちろん、ドゥカティはまたトップ争いに戻ってくるだろうと思う。けれど現時点では、ヤマハのふたりのライダー、(マーベリック・)ビニャーレスと(ファビオ・)クアルタラロが速い」

「とにかく、自分の仕事を続けていく必要がある。今日のように十分なペースに集中するだけだ。自分のリズムに集中していく」

■マーベリック・ビニャーレス/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP(決勝 2位)
「今日は最善策を採ったと思う。僕たちはリヤタイヤにハードを選んだ。最初はマルクについていこうとしたけれど、正直言って難しかったね。最初にアレックス(・リンス)をとらえようとして、それからカル(・クラッチロー)が接近した。かなり攻めたよ。カルが僕を交わしたら先行されてしまうとわかっていたから。それで2位を獲得できた。今日は昨日よりも、コースコンディションが厳しかった。グリップがなかったね」

「前半戦は難しいシーズンだったけれど、ここ2戦はうまくいっていると思う。モンメロ(カタルーニャGPでの多重クラッシュによる転倒リタイア)は残念だったけれどね。モンメロはセッティングやグリップの感触がかなりいいレースだったんだ」

「とにかく、作業を続けていかないと。ブルノ(次戦チェコGP)は大事だ。テストもある。後半戦に向けて、勢いを維持していきたい」

■カル・クラッチロー/LCRホンダ・カストロール(決勝 3位)
「まず、チームのすばらしい仕事のおかげで表彰台に上がれた。マーベリックが言ったように、コースコンディションはよくなかった。レース中盤には、マーベリックのようなペースがあったんだけど、リンスがクラッシュするのを見て表彰台を獲得することを考えた」

「本当は、最後の5、6周で仕掛けようと思っていたんだけど……、風が強くてね。ヘルメットのなかで、目に涙が溜まってしまったんだ。それから残り2周では10コーナーでミスをしてしまって、スロットルを閉じることになった」

「表彰台に上がることができて、とてもうれしい。サマーブレイク前に、とても大事なことだ。満足だよ。(次戦チェコGPの)ブルノのプレスカンファレンスルームで、また会えることを楽しみにしている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します