現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラE第11戦スイスePrix決勝|追突事故に雨……乱戦をジャン-エリック・ベルニュが制す。日産ブエミ3位

ここから本文です
スポーツ 2019.6.23

フォーミュラE第11戦スイスePrix決勝|追突事故に雨……乱戦をジャン-エリック・ベルニュが制す。日産ブエミ3位

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォーミュラE第11戦スイスePrixの決勝レースがベルンの市街地コースを舞台に行われ、ジャン-エリック・ベルニュ(DSテチータ)が優勝を果たした。

 ポールポジションからスタートしたのは、ポイントランキング首位に立っていたジャン-エリック・ベルニュ(DSテチータ)。ランキング2番手のルーカス・ディ・グラッシ(アウディ)は、なんと19番グリッドに沈んでしまった。

    ■韓国ソウルでも初開催。フォーミュラE第6シーズン開催カレンダー発表

 狭くも美しいベルンの市街地コース。好スタートを切ったのは、ポールポジションのベルニュ。3番グリッドからスタートしたセバスチャン・ブエミ(日産・e.ダムス)は、2番グリッドのミッチ・エバンス(ジャガー)に並びかけるも、なんとかエバンスがポジションを死守した。

 ただ、4番手グリッドのパスカル・ウェーレイン(マヒンドラ)は、ドラゴンのマキリミリアン・ギュンターに最初のコーナーであるターン12~13で追突されてしまう。ウェーレインのマシンはウォールに突き刺さり、その後方のマシンが次々とこれに追突していってしまった。また後方では、ロビン・フラインス(ヴァージン)が後続のマシンに追突されてスピンし、逆を向いてしまった。

 これでコースが詰まってしまう格好となり、レースは赤旗中断となった。

 この混乱でフェリペ・マッサ(ベンチュリ)らがシケインをショートカットして大きくポジションアップ。ディ・グラッシも19番手から一気に8番手までポジションを上げたが、結局スタート時のポジションに戻され、リスタートを迎えることになった。”せっかく”ポジションを上げたドライバーたちは憤慨。ディ・グラッシやマッサ、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(BMWアンドレッティ)が、「グリッド順位に戻すのはおかしい」と競技運営スタッフに詰め寄るシーンもあった。

 40分以上の中断を経て、セーフティカー先導の状態でレースが再開。復帰できなかったのはフラインスだけだった。

 この再開のスタートは、実に平穏なものとなった。ただエバンスのペースは良く、ベルニュに対してプレッシャーをかける。ただコース幅が狭く、エバンスはなかなかオーバーテイクを完了できない。

 先頭のベルニュはペースが上がらないのか、それとも上げないのか……後方にはエバンスをはじめブエミやウェーレインなどが等間隔で並んでいく。

 9周目、サム・バード(ヴァージン)やストフェル・バンドーン(HWA)らがアタックモードを起動。するとバードはすぐにギュンターを抜いて5番手に浮上した。

 12周目、ウェーレインが突如スローダウン。コース上に止まってしまった。この周にエバンスがアタックモードを起動。そのパワーにより、ベルニュを追い詰めた。ただベルニュはなんとかこれをしのぎ、翌周には自身もアタックモードを起動させ、防御体制を築いた。

 ただ前述の通りスローダウンを起こしたウェーレインは、ピットまで辿りつけずにコース横にマシンを止めた。これによりFCY(フルコースイエローコーション)が宣言され、レースは一時休戦となった。

 15周目からレースが再開。6番手ダニエル・アプト(アウディ)が早速アタックモードを起動し、前を追う。これを見た5番手ギュンターは、続く周回でアタックモードを起動して防御した。

 17周目には2番手のエバンスが、この日2回目のアタックモードを起動。先頭のベルニュに対して、右に左にとマシンを振ってプレッシャーをかけるが、オーバーテイクならず。18周目にはベルニュもアタックモードを起動して、防御体制を強化した。

 この周回ではロッテラーがアプトをオーバーテイク。ロッテラーは20周目にはギュンターも交わして5番手まで辿りついた。

 ベルニュを追い詰めることができなかったエバンスは、徐々にベルニュから遅れはじめ、一方でブエミからのプレッシャーを受けることになっていく。

 ロッテラーはバードにもプレッシャーをかけ、27周目にオーバーテイクを完了。これで4番手まで浮上した。

 29周目、ターン1で細かい雨が降りはじめたとの情報が入り、レース最終盤を迎えた。

 息を吹き返したエバンスは、ベルニュにプレッシャーをかけ、その後方にブエミ、ロッテラーが僅差で続く。しかも雨脚が強まり、コースを一気に濡らしたことで、各車マシンをスライドさせての大激戦となった。

 エバンスはテール・トゥ・ノーズでベルニュにプレッシャーをかけるが、ベルニュはこれに耐え、合計31周となったレースで、トップチェッカーを受けた。

 2位にはエバンス、3位にはブエミが入った。ロッテラーは表彰台にあと一歩届かぬ4位だった。

 ベルニュはこれで今季3勝目。ドライバーズランキングの首位も堅持し、この勢いのまま最終ラウンドのニューヨーク(2レース)に挑む。ロッテラーはランキング2番手に浮上したが、ディ・グラッシとの差はわずか1ポイントである。ただロッテラーは、ピットアウト時のドライビングが審議対象となっており、順位が入れ替わる可能性も残っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します