現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ル・マン24時間ウォームアップ:7号車トヨタ、小林可夢偉が最速で決勝へ

ここから本文です
スポーツ 2019.6.15

ル・マン24時間ウォームアップ:7号車トヨタ、小林可夢偉が最速で決勝へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まもなく決勝レースのスタートを迎える、2019年のル・マン24時間レース。そのウォームアップ走行が行われ、ポールポジションを手にしている7号車トヨタTS050Hybridの小林可夢偉が、3分19秒647のタイムでトップタイムを記録した。

 長丁場の決勝レースを見据えた走行だということもあり、小林のタイムはポールポジションを記録した予選の時と比べれば4秒ほど遅いもの。しかし、僚友の8号車トヨタがセバスチャン・ブエミのドライブにより記録した最速タイムを約1秒引き離すものだった。

    ■ポール獲得の小林可夢偉、2017年のレコード更新できず”がっかり”?

 3番手につけたのは、トーマス・ローランがドライブした3号車レベリオン・レーシングだった。ローランはミュルサンヌ・シケインをショートカットするシーンもあったが、3分21秒868とノン・ハイブリッドのLMP1クラスマシンでトップとなるタイムを記録した。

 2台のSMPレーシングは、4番手と5番手でウォームアップ走行を終えた。そのうち17号車が、ステファン・サラザンのドライブにより記録した3分21秒896で、姉妹車11号車を上回った。11号車のベストタイムは、ヴィタリー・ペトロフが記録した3分22秒813だった。

 10号車ドラゴン・スピードは、1号車レベリオン・レーシングを上回って6番手。

 LMP1クラスで最も遅かったのがバイコレス。同車はトム・ディルマンがドライブした際にダンロップ・シケインでブレーキをロック。ランオフエリアを横切ってしまった。

 LMP2クラスでは、ジャン-エリック・ベルニュがドライブした26号車Gドライブが最速。ロイック・デュバルがドライブする28号車TDSレーシングを1.4秒引き離した。ニコラス・ラピエールがドライブした36号車シグナテック・アルピーヌが3番手、ナイジェル・ムーアが乗った34号車インター・ユーロポル・コンペティションのリジェが4番手となった。

 なおLM-GTEは、Proクラスが92号車ポルシェGTチーム、Amクラスは86号車ガルフ・レーシングと、両クラス揃ってポルシェが最速タイムを記録した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Tom Errington)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します