現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 全日本F3選手権第4戦:三度のSCの荒れたレースをフェネストラズが制す。第3戦と同じ表彰台の顔ぶれに

ここから本文です
スポーツ 2019.5.19

全日本F3選手権第4戦:三度のSCの荒れたレースをフェネストラズが制す。第3戦と同じ表彰台の顔ぶれに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本F3選手権第4戦は5月19日、13周の決勝レースが行われ、ウエットコンディションのなか3回のセーフティカーランという荒れた展開となり、ポールポジションスタートのサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)が優勝。大湯都史樹(TODA FIGHTEX)が2位、エナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3)が3位となった。

 直前に行われた全日本スーパーフォーミュラ選手権の公式予選では赤旗も連続したオートポリス。全日本F3選手権第4戦の決勝レースも雨量は大きな変化はなく、ヘビーウエットと強風のなか10時05分にフォーメーションラップのスタートが切られたが、コンディションから第3戦に続きスタートはセーフティカー先導のもとで行われた。

    赤旗中断3回のなか国本雄資がポールポジション獲得。まともなアタックができないままグリッド決定【スーパーフォーミュラ第2戦予選】

 SC先導中にやや雨は弱まり、3周目にはセーフティカーが退去。フェネストラズを先頭に大湯、アーメド、河野駿佑(RS FINE K&N F318)と続いていくが、5周目のターン1立ち上がりイン側に久保田克昭(Planex スマカメ・F3)がクラッシュ。コースにはみ出すかたちで停止してしまったため、ふたたびSCが導入されることになった。

 レースは8周目に再開されるが、3番手を走るアーメドにリスタートで合わせた河野が仕掛け、第1ヘアピンで並ぶも、アーメドが3番手を死守。逆に河野には大津弘樹(ThreeBond F319)が迫っていく。しかしそんな争いの後方では、最終コーナーでマスタークラスの首位を争っていた山口大陸(タイロクレーシング28号)とDRAGON(TEAM DRAGON F3)がクラッシュ。2台ともにグラベルにマシンをとめてしまい、ふたたびSC導入となってしまった。

 3回に渡るセーフティカー導入ということ、二度の車両回収に時間を要したことから、レースは時間制限が迫ってしまう。レースはファイナルラップのみの争いとなったが、ここでわずかにミスがありながらも、リスタートを決めたフェネストラズが逃げ切りチェッカー。オートポリスラウンドで2連勝を飾った。

 2位は大湯、3位はアーメドと表彰台の顔ぶれは第3戦と変わらず。「燃料残量に不安があり、それに気を遣っていた」というアーメドだったが開幕から全戦表彰台を続けている。4位は河野、5位は大津に。6位争いはファイナルラップに熾烈を極めたが、シャルル・ミレッシ(YTB by Carlin)との争いを制した小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)が6位でフィニッシュし、1ポイントを獲得している。マスタークラスは3台全車がリタイアを喫してしまったため、ウイナーなしという結果となってしまった。

全日本F3選手権第3戦オートポリス 決勝結果 ※編集部集計
Pos.No.MCDriverCar NameCarLapsGridTime111サッシャ・フェネストラズB-Max Racing with motopark F3F314/スピース1311’50.56522大湯都史樹TODA FIGHTEXF319/トダ1321’51.591365エナム・アーメドB-Max Racing with motopark F3F312/スピース1331’51.681435河野駿佑RS FINE K&N F318F318/HWA1341’51.855512大津弘樹ThreeBond F318F318/スリーボンド東名1351’52.264737小高一斗カローラ中京 Kuo TOM’S F317F317/トヨタ-トムス1371’53.39467シャルル・ミレッシYTB by CarlinF317/スピース1361’52.336836宮田莉朋カローラ中京 Kuo TOM’S F317F317/トヨタ-トムス1381’53.50398片山義章YTB by CarlinF315/スピース1391’53.1861051アメヤ・ベイディアナサンB-Max Racing with motopark F3F315/スピース13101’53.9951213三浦愛ThreeBond F314F314/スリーボンド東名13121’55.278R28M山口大陸タイロクレーシング28号F315/スピース7111’54.711R30MDRAGONTEAM DRAGON F3F314/スピース7131’55.860R5M久保田克昭Planex・スマカメ F3F315/トヨタ-トムス4141’58.384
ファステストラップ:サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3) 1'53.411

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します