現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル重鎮、予選での”愚かな戦略ミス”認め「ガスリーに申し訳ない……」

ここから本文です
スポーツ 2019.3.16

レッドブル重鎮、予選での”愚かな戦略ミス”認め「ガスリーに申し訳ない……」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2019シーズン開幕戦オーストラリアGPの予選でピエール・ガスリーがQ1敗退を喫したことについて、チームの戦略に間違いがあったと認めた。

 今季レッドブルに昇格したガスリーだが、新チームでの最初の予選は悪夢のような結果に終わった。チームメイトのマックス・フェルスタッペンが4番手となった一方、ガスリーはQ1で敗退を喫し、17番グリッドから決勝に臨むことになったのだ。

    【動画】F1オーストラリアGP 予選ハイライト

 レッドブルにとっては、予選Q1敗退はフェルスタッペンがフリー走行でクラッシュし、予選に出走できなかった昨年のモナコGP以来となった。

 フェルスタッペンとガスリーは、今回の予選Q1をソフトタイヤ1セットで突破しようとしていた。最初のアタックではフェルスタッペンよりもタイムが良く、6番手となったガスリー。その後フェルスタッペンが2回目のアタックでタイムを更新し、フェルスタッペンが3番手、ガスリーは彼から0.144秒遅れの8番手で他チームのドライバーのアタックを見守る形となった。

 しかし各車が大きくタイムアップしたため、ガスリーは17番手まで沈み、予選Q2に進むことができなくなってしまったのだ。

 マルコは、レッドブルがQ2進出のボーダーラインと、2セット目のタイヤを使ったアタックでのタイムの伸びについて、判断を誤ったと認めた。

「我々の戦略担当の愚かなミスだ。我々は、このばかげた間違いを、彼に詫びなければならない」と、マルコはmotorsport.comに話した。

 チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは立場上、マルコほど過激なコメントはしておらず、後からもう一度アタックすれば良かったというのは結果論だと語った。

「残念ながら、彼(ガスリー)の2度目のアタックはマックスよりも速くはなかった」

「我々は1セットのみのタイヤで、予選Q1を通過させようとしていた。だが、残念ながらそうはならなかった」

「後から振り返って、2セット目のタイヤを使うべきだったと言うのは簡単だ。言うまでもなくとてもタイトだった。彼にとってチームでの初予選だったが、フラストレーションの溜まるものになっただろう。しかし明日は、彼が力強いレースを見せてくれると確信している」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します