現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルボン「トロロッソ・ホンダで速く走る方法をつかみ始めている。デビュー戦に向けて準備は整った」/F1オーストラリアGPプレビュー

ここから本文です
スポーツ 2019.3.13

アルボン「トロロッソ・ホンダで速く走る方法をつかみ始めている。デビュー戦に向けて準備は整った」/F1オーストラリアGPプレビュー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクーデリア・トロロッソのアレクサンダー・アルボンは、2019年開幕戦オーストラリアGPでF1にデビューする。

 プレシーズンテストで489周を走りこんだアルボンは、タイムでも総合で6番手といい位置につけて、デビュー戦前の走行を締めくくった。

    トロロッソのクビアト「ホンダとの初テストはうまくいった。実戦でパフォーマンスを確認するのが楽しみ」/F1オーストラリアGPプレビュー

「バルセロナでのテストセッションを終えてからずっと、メルボルンでF1デビューを迎える日を楽しみにしているんだ」とアルボンは語った。

「テストが始まる前は、少し緊張もあったし、マシンについて理解するのに時間がかからないだろうかとか、すぐに快適に乗れるのかといったことを考えていた。でも、僕が担当した4日間のテストに、トロロッソも僕自身も満足していいと思っている」

「今回初めてF1マシンに乗ってみて、強い印象を受けた。実際に走ってみるまでは、どれだけ速いのかは決して分からない。それまでに乗ったどのマシンともレベルが全く違うのだから。かなりトレーニングをして臨んだにもかかわらず、初日には首の筋肉が少し痛んだ。でも周回を重ねていくうちに、身体が適応し、問題なくなっていった」

「2日目には、このマシンで速く走るには何をすればいいかが分かり始めてきた。テスト最終日になると、快適にプッシュできるようになってきた。でもまだまだこれからだよ」

「チームからは本当によく助けてもらった。トロロッソはルーキードライバーを育てるのに慣れているからね。彼らはとてもオープンで、ルーキーが何に苦労するかを知っている。レースエンジニアやデータエンジニアたちとの作業も比較的スムーズだった。彼らのおかげですぐに慣れることができた」

「アルバートパークはシミュレーターでしか走ったことがない。とてもバンピーなコースだから、バンプと縁石をよく把握することが大事だ。速く走るためには、どういうラインをとるかを正確に知る必要があるからね」

「このサーキットは普段は使われていないから、FP1から予選への路面の変化にも慣れる必要がある。たとえば予選など、レースウイークエンド中の流れの速さにも慣れなければならない。だからテスト最終日にそのシミュレーションができてよかった。メルボルンでは、その経験を生かして、うまく適応していきたい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します