現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルが続けていくためには、F1がそれなりの”意義”をもたらす必要がある……ホーナー代表の主張

ここから本文です
スポーツ 2019.3.12

レッドブルが続けていくためには、F1がそれなりの”意義”をもたらす必要がある……ホーナー代表の主張

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・レーシングのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、レッドブルが2021年以降もF1に参戦し続けるためには、F1に参戦する”意義”がなければならないと考えている。

 F1とチームはコンコルド協定と呼ばれる契約を結んでおり、この中で各チームに振り分けられる分配金額などが細かく規定されている。現在のコンコルド協定は2020年まで有効だが、現F1オーナーのリバティ・メディアは、このコンコルド協定を廃し、新たな取り決めをチーム側と結びたいと考えている。

    ■リバティメディア、コンコルド協定に代わる新たなパートナーシップを望む

 その中でリバティ・メディアは、分配金を今よりも公平にしたいと主張。つまり、現在のコンコルド協定の下で優遇措置を受けているチームは、分配金額の減額を受け入れなければならないということになる。

 またリバティ・メディアは、チームの予算上限額を制限する”バジェット・キャップ”制度の導入も目指している。

 レッドブルは、トップ3チームの中で唯一の、自動車メーカー所有ではないチームである。そして、導入が目指されている制限の公平性については疑問を持っている。

 ホーナー代表は、レッドブル総帥のディートリッヒ・マテシッツが、F1の状況に満足しなければ、撤退することもありえると考えている。

「それは彼の権利だ」

 ホーナーはそうmotorsport.comに対して語った。

「彼はモータースポーツ、そしてF1に情熱を注いでいる。そして新たなパートナーであるホンダと、そのパートナーシップがもたらす可能性についてはとても熱心なのだ。しかしもちろん、F1も同じように、レッドブルのブランドに何らかのモノをもたらさなければいけない」

「そのもたらされるモノは、エキサイティングなモノである必要がある。費用対効果が大きく、レースは素晴らしくなければいけない。そして、独立系チームとメーカー系チームが平等に戦える必要があるのだ」

「彼は我々全員と同様に、2020年以降のF1がどんな形になるのか、それを確認したいと考えていると思う」

 ホーナー曰く、ホンダとのパートナーシップが好スタートを切ることは、マテシッツのモチベーションを維持するのに不可欠なことではないと言う。

「彼がモチベーションを失うことはない。良い日も悪い日も、彼は常に大きな支持をしてきた。おそらく、他のことよりもF1に投資してきたはずだ」

「ふたつのチーム(レッドブルとトロロッソ)を持ち、グランプリも1戦開催している(オーストリアGP)。それプラス、レッドブルは世界中のプロモーションでF1をサポートしている。これはすごいことだ。F1を信じることができなければ、そんなことはしなかっただろう」

 F1の元CEOであるバーニー・エクレストン曰く、コンコルド協定が存在しなければ、チームやメーカーがF1から撤退する可能性があると示唆する。

「それがない時間が長いほど、いくつかのチームがF1から去る可能性が高い」

 エクレストンはそうmotorsport.comに対して語った。

「おそらくメルセデスは、フォーミュラEにこだわるだろう。なぜなら彼らは、フォーミュラEが自動車産業が進むべき方向性と一致していると考えているからだ」

「レッドブルがそうである必要はない。彼らが行っているその他の全てのことで、広告宣伝効果があるだろう。彼らはF1を辞めても、それによって傷つくことはない」

「人々はフェラーリがF1を辞めることはないだろうと考えるかもしれない。しかし、フェラーリのブランドはとても強く、(F1を辞めたとしても)ダメージが及ぶことはほとんどないだろう。彼らは簡単に、他のモータースポーツに鞍替えすることもできる」

「コンコルド協定が結ばれていない期間が長いことは、全ての人にとって悪いことだ。チームにとっても、リバティにとっても悪い結果になるだろう」

「私の理解では、最も重要なことを誰も言っていない。それは皆さんに支払いをしたいということなのだ。もっと良いショーにし、そしてこれを支払う準備があるということなのだ」

「もし私が株主だったなら、この状況がひと段落すれば、より満足できるだろう。5年間、皆がハッピーになり、チームが満足し、プロモーターも満足する……それを続けるべきだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します