現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRCメキシコ:オジェが完全制覇で今季2勝目。トヨタのタナク2位でランク首位堅持

ここから本文です
スポーツ 2019.3.11

WRCメキシコ:オジェが完全制覇で今季2勝目。トヨタのタナク2位でランク首位堅持

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WRC第3戦ラリー・メキシコが行われ、シトロエンのセバスチャン・オジェが優勝。開幕戦に次ぐ今季2勝目をあげた。トヨタのオット・タナクは2位に入り、ランキング首位の座を堅持した。

 オジェはミッチ・エバンス(Mスポーツ・フォード)に対して27秒のリードを築き、ラリー・メキシコの最終日を迎えた。しかし3番手で最終日をスタートしたタナクが朝に行われたステージを連勝。その差が24.4秒に縮まり、最終のパワーステージを迎えた。

    ■戦略と速さ噛み合ったニューガーデン優勝。佐藤琢磨ギヤトラブルに泣く

 オジェはこの最終パワーステージに全力で臨み、トヨタのクリス・ミークをわずか0.025秒だけ抑えてステージ優勝。最終的にはタナクに30.2秒の差をつけ、1イベントで獲得できる最大の30ポイントを手にした。

 これによりオジェの今季の獲得ポイントは61となり、ティエリー・ヌービルを抑えてランキング2位に浮上した。タナクは65ポイントで首位を堅持している。

 ヌービルは総合4位。最終パワーステージでは3位に入ったことでボーナスポイント3も獲得し、ランキング首位のタナクから10ポイント差にとどまっている。

 前を行くヌービル、そして後続のマシンとは大きな差がついた状態で最終日を迎えたトヨタのミークは、パワーステージで最大限のパフォーマンスを発揮するため、午前中のステージではタイヤをセーブ。オジェには敗れたものの、ボーナスポイント4を手にした。

 金曜日、オルタネーターのトラブルでデイリタイアとなったトヨタのヤリ-マティ・ラトバラは、ラリーに復帰し総合8位でフィニッシュした。

 ただラトバラは最終日にもトラブルに見舞われた。ラトバラは最終パワーステージのひとつ前のステージで、ラジエターを破損。そのラジエターを接着剤で固定し、フロントバンパーを外した状況でステージを完走した。ただラトバラはその修復作業に時間がかかったため、40秒のペナルティを受けた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します