現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル首脳がクラッシュのガスリーに厳しい発言「予想どおり、まだフェルスタッペンのレベルには達していない」

ここから本文です
スポーツ 2019.3.11

レッドブル首脳がクラッシュのガスリーに厳しい発言「予想どおり、まだフェルスタッペンのレベルには達していない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコが、レッドブル・レーシングに新たに加入したピエール・ガスリーは、マックス・フェルスタッペンのレベルにはまだ達していないと発言した。

 2017年にトロロッソからF1にデビューしたガスリーは、2019年、ダニエル・リカルドの後任としてレッドブルへの昇格を果たした。チームメイトは、将来のF1チャンピオンともみなされ、非常に高い評価を受けているフェルスタッペンだ。

    【動画】レッドブルF1マシンが神宮外苑いちょう並木を疾走! ホンダF1トークショーの模様も

「マックス・フェルスタッペンは21歳だが、すでにF1での5年目のシーズンを迎える。そしてF1のなかでも最も強力なチームのひとつを率いるリーダーだ」とマルコはSpeed Weekに対してコメントした。フェルスタッペンは2015年にトロロッソからF1デビュー、2016年途中でレッドブルに昇格し、ここまで5勝を挙げている。

「ピエール・ガスリーには、シーズン前半からポイントを稼ぎ、シーズン後半にはマックスにチャレンジできるようになることを期待している。予選ではすぐにフェルスタッペンに挑戦できるだろうが、決勝でそうなるには時間がかかるだろう」とマルコは語った。

 さらにマルコは通信社APAに対し、プレシーズンテストでガスリーが2回クラッシュを喫したことについて、厳しい発言をしたと伝えられている。

「(ガスリーの)2回目のクラッシュでスペアパーツがなくなり、フェルスタッペンが最終日にほとんど走れなくなった」とマルコ。

「テストで分かったことは、ガスリーはまだフェルスタッペンのレベルではないということだ。いずれにしても我々はそうは(ガスリーがフェルスタッペンと同じレベルだとは)予想していなかったが」

「2回のクラッシュを除けば、完璧だった。だが、2回目のクラッシュは我々に大きな痛手をもたらした。彼はああいうことは今度一切やらないよう、心がける必要がある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します