現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズF1、『FW42』の合法性を確実にするために開幕戦に向けてマシンを修正

ここから本文です
スポーツ 2019.3.9

ウイリアムズF1、『FW42』の合法性を確実にするために開幕戦に向けてマシンを修正

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイリアムズF1は、FIAから新車『FW42』の合法性について指摘を受けたため、開幕戦オーストラリアGPを前に、フロントサスペンションとミラーのデザインに微調整を施している。

 バルセロナでの走行開始が遅れた『FW42』だが、FIAの代表はマシンのフロントサスペンションに、ウィッシュボーン下部に沿った細い部品が含まれていることを指摘した。

    グランプリのうわさ話:パディ・ロウ解雇を検討中のウイリアムズ。約14億7000万円の追加費用で財政圧迫

 F1の技術規則では、4点のウィッシュボーン部品、1点のプッシュロッドおよびステアリングアームの、計6点のサスペンション部品の使用が許可されている。

 したがって追加された下部の部品は7点目となり、違法となるため、ウイリアムズはこの部品をメルボルンに向けて取り除くことになる。

 FIAはさらに、プレシーズンテストで登場したFW42の特徴ある湾曲したミラーのデザインについても難色を示し、開幕戦までにミラーのレイアウトを変えるようチームに指示した。

 初めからトラブル含みのシーズンスタートであったことに加え、テクニカルディレクターのパディ・ロウがチームを離れるウイリアムズが取り組むべき問題は、少なくないようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します