現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル&トロロッソが東京・青山に集結。まもなく開幕のシーズンへ意気込み

ここから本文です
スポーツ 2019.3.9

レッドブル&トロロッソが東京・青山に集結。まもなく開幕のシーズンへ意気込み

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「2019 Honda F1 Kick Off」が東京のホンダウエルカムプラザ青山で行われ、レッドブルとトロロッソのドライバー&チーム代表が来日。また、ホンダの山本雅史モータースポーツ部長と田辺豊治F1テクニカルディレクターも同席し、まもなく開幕する2019年シーズンに向けて意気込みを語った。

 今季からレッドブルとトロロッソの2チームにパワーユニットを供給するホンダ。2015年のF1復帰以来未勝利の状態が続いているが、2019年は好成績、そして特に復帰後初勝利が期待されるシーズンとなる。

    ■ホンダと組み、エイドリアン・ニューウェイのやる気が”急上昇”

 そんなシーズンの開幕を1週間後に控えた3月9日(土)、レッドブルのマックス・フェルスタッペン、ピエール・ガスリーの二人のドライバーとクリスチャン・ホーナー代表が来日。さらには、トロロッソのダニール・クビアト、アレクサンダー・アルボン、フランツ・トスト代表も合流して、ホンダのウエルカムプラザ青山で記者会見に臨んだ。

 4月からホンダのF1マネージングディレクターに就任することになった、山本雅史モータースポーツ部長は「勝ちにこだわっていきたい」とコメント。F1での好成績実現を誓った。

 また、ホンダのF1テクニカルディレクターを務める田辺豊治はバルセロナテストについて「マイナートラブルは出たが、建設的なテストができました」と語った。

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコも「ホンダのようなメーカーと組むことができて、レッドブルは光栄だ」と語っている。

 トロロッソのトスト代表は「とても競争力のあるパッケージになった」と自信を見せた。F1復帰となるクビアトも、テストの4日間はポジティブだったと主張。トラブルなく沢山の周回をこなせたことに満足しているようだった。また今年がF1デビューとなるアルボンは、契約がまとまるのが遅れたためバルセロナテストでF1初走行……あまり多くの準備期間を取ることができなかったが、「開幕へ向けて自信を持っている」と語った。

 また今年からホンダ製PUを使うレッドブルのホーナー代表は、「レッドブルにとって新しい時代が始まった。ポジティブなプレシーズンテストだった。ホンダとはここまでうまくいっている。その反応のスピードには驚かされた」と語った。またドライバーのフェルスタッペンとガスリーは、開幕戦について「できるだけ多くのポイントを獲ることが目標」だと揃って控えめに語った。ただその表情は明るく、自信を程を伺わせた。

 この後は場所を外苑前に移し、東京の公道を初めてF1マシンが駆け抜けるイベント「Red Bull Show Run Tokyo」が行われる。レッドブルのF1マシンが2台、いちょう並木の横を駆け抜ける予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します