現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPの新しい罰則、ロングラップペナルティが開幕戦カタールから全戦で導入決定

ここから本文です
スポーツ 2019.3.6

MotoGPの新しい罰則、ロングラップペナルティが開幕戦カタールから全戦で導入決定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国際モーターサイクリズム連盟(FIM)は、グランプリ委員会とセーフティ委員会の協議により、MotoGPの新しい罰則となる『ロングラップペナルティ』の導入が決定されたことを発表した。

 新たに導入されるロングラップペナルティは、決勝レース中にMotoGPのレーススチュワードがコースアウトやその他の理由で、ライダーにペナルティを科す必要がある場合に適用される。

    MotoGP:Moto3クラス開幕戦に6人目の日本人ライダーが出場。山中琉聖が代役参戦

 これまでのポジション後退のペナルティの場合、ペナルティを受けるライダーとそれ以外のライダーとの距離などにより不公平が生じる可能性があること、また、複数のペナルティを監視することが困難であることから、より公正かつ監視可能なペナルティとすることがこのロングラップペナルティの導入目的だ。

 2月下旬に行われたMotoGPクラスのカタール公式テストでその試みが行われていたが、今回、導入が正式に決定した。

 ペナルティを受けたライダーはその通告を受けてから3周以内に指定のエリア、つまり通常のレーシングラインよりも大回りとなるラインを通過しなければならない。このラインはすべてのサーキットで設定され、通常のレーシングラインよりも数秒遅くなるよう、アスファルトのランオフエリアのようなコース上の安全なポイントに設置される。

 ロングラップペナルティによって、ペナルティを受けるライダーは該当ラップで数秒、およそ2秒以上のタイムが加算されることになるという。

 また、レッドフラッグ提示によるレース中断などによりライダーがロングラップペナルティを消化できなかった場合は、レーススチュワードにより、ロングラップペナルティと同等のタイムペナルティが適用されるように検討されているという。

 なお、ポジション後退のペナルティについても、レーススチュワードにより、引き続き適用されるということだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します