現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1オーストラリアGP全ドライバーのタイヤ選択:レッドブル・ホンダ、メルセデス&ベッテルと同じチョイスで開幕戦へ

ここから本文です
スポーツ 2019.3.6

F1オーストラリアGP全ドライバーのタイヤ選択:レッドブル・ホンダ、メルセデス&ベッテルと同じチョイスで開幕戦へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1開幕戦オーストラリアGPのために各ドライバーがセレクトしたタイヤの内訳が発表された。

 F1タイヤサプライヤーのピレリは、2019年も引き続き各グランプリに3種類のコンパウンドを持ち込む。スリックコンパウンドは5種類が用意され、硬い方からC1~C5と名付けられており、グランプリで使用されるそのなかの3種類は、ホワイト・ハード、イエロー・ミディアム、レッド・ソフトとして識別される。

    レッドブル・ホンダとルノーがランキング3位争いか。2019年F1全チームのパワーランキングが発表

 グランプリに持ち込まれるセット数は各ドライバーあたり13セット。そのうち10セットの内訳はチームが自由に決めることができる。各ドライバーはレッド・ソフトの1セットを予選Q3用に、レースセットとして指定された2セットを決勝用に、それぞれキープしておくことが求められる。

 オーストラリアで使用されるホワイト・ハードはC2、イエロー・ミディアムはC3、レッド・ソフトはC4。ピレリが発表したドライバーごとのタイヤリストによると、全ドライバーがソフトタイヤを中心に選び、8セットから10セットのソフトタイヤが選択されている。

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーはともに、ソフト9セット、ミディアム3セット、ハード1セットを選んだ。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトとアレクサンダー・アルボンも同じ選択をしている。

 メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス、フェラーリのセバスチャン・ベッテルも同様のセレクトをしたが、フェラーリのシャルル・ルクレールはソフト9セット、ミディアム2セット、ハード2セットを選んだ。

 F1オーストラリアGPは3月15日から17日に開催される。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します