現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1パワーユニットのパッケージは積極的すぎる? 開幕戦に向け一部修正へ

ここから本文です
スポーツ 2019.3.5

ホンダF1パワーユニットのパッケージは積極的すぎる? 開幕戦に向け一部修正へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダのF1パワーユニット(PU)のパッケージングは”少し積極的すぎた”ため、オーストラリアGPに間に合うよう若干の修正を行うという。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、バルセロナでのF1合同テスト開始時に、マシンとホンダのPUの統合は”本当に美しい”と語った。またホンダ側もそれを実現したことで、信頼性を失うことはないと主張した。

    ■トロロッソ、ホンダPUの信頼性に大きな手応え「3基でシーズン戦える」

 事実、バルセロナでの合同テストでは、ホンダのPUに信頼性の問題はほとんど発生せず、2015年にF1に復帰して以来、最高のパフォーマンスを発揮した。しかしホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、開幕戦までに若干の修正を加えると語った。

「現時点では、深刻な問題は発生していません。しかしタイトなパッケージングになっているため、いくつかの問題が見つかりました」

「形状が少し攻撃的すぎました。そのため我々は、少し変更する必要があります」

「ですが、大きな問題ではありません」

 ホンダはサーキットでもいくつかの修正を加えた。しかし開幕戦オーストラリアGPに向けて”恒久的な対策”を施すために、ファクトリーでの作業も実施される予定だ。

「これまでのところ、それほど深刻なものではありません」

 そう田辺TDは語る。

「それは、ここで問題になっているアイテムが、最初のレースに向けて準備できているということを意味しています」

 ホンダは今季の目標について、これまではルノーと組んでいたレッドブルが、昨年以上のパフォーマンスを発揮することだと語ってきた。ここまでの実際のパフォーマンスに満足しているかと尋ねられた田辺TDは「実は、決して満足することはありませんよ」と答えた。

「もちろん、目標はあります」

「ここまで達成したことについては、それほど自信はありません。ライバルに追いつくために行わなければならないことは、まだたくさんあります」

「100%ではありません。しかしほとんどの部分で、重量や信頼性のために小さな修正を加えました」

「内燃機関の面では、燃焼効率をさらに追求することを目標としました」

「我々は今後も徐々にそれを改善していこうとしています」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します