現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーフォーミュラ第1回公式合同テスト】初日午前:得意の鈴鹿で山本尚貴が首位。ティクトゥムが4番手で新人勢トップに

ここから本文です
スポーツ 2019.3.4

【スーパーフォーミュラ第1回公式合同テスト】初日午前:得意の鈴鹿で山本尚貴が首位。ティクトゥムが4番手で新人勢トップに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月4日(月)、スーパーフォーミュラ2019年シーズンの公式テスト1回目が鈴鹿サーキットでスタート。初日の午前は雨の影響で走行時間が45分短縮され、ウエットコンディションからドライコンディションへと変わる状況のなかで、山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムを記録した。

 テスト初日は朝からあいにくの雨。セッション前に雨は上がったものの、ウエット路面でのスタートとなった。セッション開始から各車コースに入り、前日まで行われていたモースポフェス2019でシェイクダウンを終えたばかりの新マシン『SF19』で走行を重ねていった。

    スーパーフォーミュラ:松田次生がKCMGのチーム監督に就任。可夢偉とともに初優勝を目指す

 序盤はマシン後方に大きな水煙が上がるほど路面上に水が溜まっていたが、開始から30分ほど経過するとその水煙も収まり、この時点では今季KONDO RACINGから移籍したニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM'S)が1分51秒489というトップタイムをマークしていた。

 セッション後半を迎えると序々に路面状況は改善され、各マシンがタイムを更新し始めた。アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)が1分50秒台を切る1分48秒775を記録すると、さらにハリソン・ニューウェイ(B-Max Racing Team)がそれを上回り1分48秒103を計測した。

 残り時間10分を切るとさらにタイムは上がり、最終的には2018年のチャンピオンである山本が1分45秒547というタイムをマークしてセッションは終了。トヨタ勢のトップは、1分46秒456を記録して2番手につけたキャシディだった。またルーキードライバーのトップは4番手につけたダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN)。タイムは1分46秒716を記録。午前セッションでは大きなトラブルやコースアウトも見られず、各車順調にメニューを消化した様子だった。

 4日の午後の走行は15時~17時となっている。なお初日のウエットコンディションを考慮して初日午前のセッションは45分短縮され、その分、2日目のセッションが延長。5日(火)の走行時間は午前9時~11時15分、午後は14時45分~17時15分から行われる予定になっている。




  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します