現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヤマハ、『トリシティ155 ABS』をマイナーチェンジ。125ccモデルには新色も

ここから本文です
スポーツ 2019.2.28

ヤマハ、『トリシティ155 ABS』をマイナーチェンジ。125ccモデルには新色も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは2月28日、『トリシティ155 ABS』に初めてとなるマイナーチェンジを実施し、3月20日から発売すると発表した。

 ヤマハ・トリシティはフロントを2本のタイヤで支える独自のLMW(リーンニング・マルチ・ホイール)モデル。3輪モデルならでは安定感あるコーナーリングや快適なクルージング性能が評価されて人気を博している一台だ。

    『ヤマハ・アクシスZ』に2019年新カラー登場。全5色展開で2月25日より発売開始

 今回マイナーチェンジを受けたのは、そんなトリシティのなかでも高速道路の走行も可能な155ccモデルだ。2019年型トリシティ155 ABSでは、快適性がさらに磨かれ、シート高が従来型から15mm下げられて765mmに。同時にフィット感に優れたシートを採用することで、足つき性と乗り降りのしやすさが向上している。

 さらに、カラーリングには大人の上質さを体現する新色の“マットグレーメタリック3”が新採用された。これによりカラーラインアップは従来モデルから継続されるホワイトメタリック6、マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1と新カラーの3色展開になっている。

 また、ヤマハは同じくLMWモデルである『トリシティ125』『トリシティ125 ABS』についても、2019年型のカラーリングを一部変更することを明らかにした。

 原付二種の枠に収まる125ccクラスモデルでは、フロント二輪の軽快さを表現した“マットペールブルーメタリック2”が新たに追加され、ホワイトメタリック6、マットグレーメタリック3という2種類の従来色とともにラインアップされている。

 発売日は155ccモデルと125/125 ABSともに3月20日(水)。価格はトリシティ155 ABSが47万5200円、トリシティ125は41万5800円、同ABS付きモデルは45万3600円となっている。製造はいずれもタイのTYM(タイ・ヤマハ・モーター)が請け負う。




  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します