現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > TOYOTA GAZOO Racing 2019年NASCAR第2戦アトランタ レースレポート

ここから本文です
スポーツ 2019.2.28

TOYOTA GAZOO Racing 2019年NASCAR第2戦アトランタ レースレポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第2戦アトランタ
M.トゥルーエクス・Jr.が僅差の2位
エクスフィニティでトヨタ・スープラ初優勝!
トラックではカイル・ブッシュが新記録樹立

 NASCAR第2戦はアトランタが舞台。カップ・シリーズではマーティン・トゥルーエクス・Jr.が終盤猛追を見せ、僅かコンマ2秒差の2位フィニッシュ。
 
 エクスフィニティ・シリーズではクリストファー・ベルが圧倒的な強さを見せトヨタ・スープラに初優勝をもたらすと、ともにトヨタのシリーズ150勝目を挙げました。トラック・シリーズではスポット参戦のカイル・ブッシュがシリーズ通算52勝目を挙げ、シリーズの最多勝利記録を塗り替えました。

    NASCAR第2戦:下位シリーズ戦うトヨタ・スープラが初勝利。カップシリーズはマスタングが制す

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第2戦 Folds of Honor QuikTrip 500
開催日:2月24日

M.トゥルーエクス・Jr.が僅差の2位
トヨタ・カムリは3台がトップ10フィニッシュ

 2月24日(日)、アメリカ南東部ジョージア州ハンプトンのアトランタ・モーター・スピードウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第2戦『Folds of Honor QuikTrip 500』が開催されました。

 前週、伝統のデイトナ500で開幕したNASCAR2019年シーズン。開幕戦はトヨタ・カムリのトップ3独占という好結果で終えました。第2戦の舞台はアトランタ。ドラフティング(複数台での隊列走行)でのポジション取りや“ビッグ・ワン”(超高速での多重クラッシュ)に巻き込まれるなど、実力以外の要素も時に働くデイトナに比して、アトランタはNASCARシリーズでもっとも多く使用されている1周1.5マイル(アトランタは1.54マイル)コースであり、2019年シーズンの戦いへ向け、各チームやドライバー、メーカーの真の実力を測るという点でも注目の一戦となりました。

 ダブルヘッダーでエクスフィニティとトラック・シリーズが行われた前日23日(土)はすっきりしない曇天でしたが、24日(日)は一転晴れ渡り、レース日和となった空の下で、午後2時18分、1.54マイルオーバルを85周、85周、155周の3ステージ合計325周(500マイル:約800km)して競われる決勝レースがスタートしました。
 
 前戦デイトナ500で勝利を挙げ、プレーオフ進出を決めているデニー・ハムリンが予選でトヨタ勢最上位2列目4番手につけ、4ワイド、時に5ワイドになる激しいバトルの中で3位へとポジションアップ。9番手スタートのマーティン・トゥルーエクス・Jr.も着実に上位を走行。

 一方、今大会が記念すべき、カップ・シリーズ出場500戦目となるカイル・ブッシュは、予選では6番手タイムをマークしていましたが、その後の練習走行中にクラッシュ。決勝レースはバックアップカーに乗り換えることとなり、そのためペナルティで最後尾へと後退してのスタートを強いられました。しかし、スタートからハイペースで前車をパスしていき、僅か10周ほどでトップ20圏内へと浮上。

 ステージ1はトゥルーエクス・Jr.が5位、ハムリンが8位。カイル・ブッシュは後半ハンドリングに苦しみ12位でステージ1を終えました。

 ステージ2では、再スタート時トップ10圏外だったエリック・ジョーンズとカイル・ブッシュも徐々にポジションを上げ、100周過ぎにはトゥルーエクス・Jr.とハムリンを含むトヨタ・カムリ4台がトップ10へ。しかし、イエローコーション(何らかの障害による全車スロー走行指示)が出ないことで、125周過ぎあたりからグリーンフラッグ下でのピットインが始まると、カイル・ブッシュはピットに入ろうとペースを落としたにも関わらず、ピット入り口を通り過ぎてしまい、翌周ピットインすることとなりタイムロス。15位まで後退。
 
 しかし、カイル・ブッシュは再び追い上げ、ステージ2はトゥルーエクス・Jr.が4位、ハムリンが5位、エリック・ジョーンズが8位、カイル・ブッシュが9位で4台揃ってポイント獲得を果たしました。
 
 ステージ3は、トゥルーエクス・Jr.が4位、カイル・ブッシュが6位で再スタートを切り、好ダッシュを見せたカイル・ブッシュが3位に浮上。トゥルーエクス・Jr.とのバトルを繰り広げましたが、226周目、カイル・ブッシュは突然のタイヤパンクに見舞われ壁にヒット。
 
 カイル・ブッシュは車両右後部にダメージを負いましたが、このクラッシュによりイエローコーションが出されたため、幸いにも周回遅れになることなく車両を修復し、首位と同一周回最後尾の18位でレースに復帰しました。

 再スタート後はトゥルーエクス・Jr.が首位を奪取するなど好走。残り45周程となり、最後の給油のためにグリーンフラッグ下でのピットインが始まりましたが、混乱したピットロードでの接触によりイエローコーション。

 トゥルーエクス・Jr.が4位、カイル・ブッシュが14位、エリック・ジョーンズが15位で再スタートを切ると、カイル・ブッシュがここでも見事な追い上げをみせ、僅か10周で8位へとポジションアップ。
 
 トゥルーエクス・Jr.も終盤になると更なる上位を狙い、ライバルと接触しながらの激しい2位争いを制し、さらに首位を追いました。

 残り20周を切ったあたりでは3秒以上あった首位との差をトゥルーエクス・Jr.はみるみる詰めて行き、ファイナルラップには直後にまで迫ったトゥルーエクス・Jr.はコンマ2秒差の2位でフィニッシュ。カイル・ブッシュも追い上げて6位。エリック・ジョーンズが7位に入り、トヨタ・カムリは3台がトップ10フィニッシュを果たしました。

 次戦第3戦は3月3日(日)、アメリカ西部ネバダ州ラスベガスのラスベガス・モーター・スピードウェイで行われます。

ドライバー マーティン・トゥルーエクス・Jr.
「最後の再スタートでのポジションに恵まれませんでした。しかし、コーションが出たので仕方ないですし、チームを本当に誇りに思います」

「我々には本当に素晴らしいクルマがあり、チームクルーも最高の仕事をしてくれました。恐らく、今日は勝てる、最速の車両の一台だったと思います。それだけに勝てなかったのはちょっと残念です」


NASCAR XFINITY SERIES
第2戦 Rinnai 250
開催日:2月23日

トヨタ・スープラがNASCAR初優勝!
クリストファー・ベルが完全勝利
トヨタはシリーズ150勝達成

 2月23日(土)にNASCARエクスフィニティ・シリーズの第2戦『Rinnai 250』がアトランタ・モーター・スピードウェイで開催されました。
 
 NASCARシリーズに初めてトヨタ・スープラが参戦した前戦デイトナでは、初戦ながら3位を獲得しましたが、NASCAR初優勝を目指し、今大会も8台のトヨタ・スープラが出場しました。

 今大会は22日(金)に各カテゴリー練習走行とカップ・シリーズの予選を行い、23日(土)の午前中にエクスフィニティとトラックの予選、そして午後から夜にかけて両シリーズの決勝をダブルヘッダーで行うという変則的なスケジュール。

 しかし、23日(土)の午前中は雨に見舞われたため、予選はキャンセルに。決勝レースのスターティンググリッドは規定に則り、2018年のオーナーズポイント(車両ゼッケンにかけられる選手権)で決定され、クリストファー・ベルが3番手、ジェフリー・アーンハートが8番手、ブランドン・ジョーンズが9番手からスタートすることとなりました。

 午後2時14分、1周1.54マイルオーバルを40周、40周、83周の3ステージ合計163周(251.02マイル:約400km)して競われる決勝レースがスタート。2列目3番手グリッドのベルが好ダッシュを決め、首位に立つと、イエローコーションが出ず、周回数的にもピットインの必要がないステージ1、ステージ2ともに独走で制覇。ベルにとって同シリーズでは初の両ステージ制覇を果たし、プレーオフポイント及び最大のステージポイントを獲得しました。
 
 ステージ3は最低1回はピットインが必要な周回数。残り30周ほどとなったところで、首位を独走していたベルはグリーンフラッグ下でピットイン。その後、ライバルも続々とピットインしていった10周後に、ベルは再び首位に返り咲きました。
 
 レースは残り8周というところでスピン車両によりイエローコーションが出され、最後の3周で争われることに。この日レースの大半を支配したベルは、再スタートも危なげなく決めると、ライバルからの追撃をものともせずトップチェッカー。全ステージ制覇、全163周中142周で首位走行という圧倒的な強さで今季初勝利を挙げました。
 
 この勝利によりベルは2年連続となるプレーオフ進出を確定。この勝利は今季よりNASCARに参戦を開始したトヨタ・スープラにとっても初めての勝利。そしてトヨタにとって、2007年に同シリーズに参戦して以来、通算150勝目という記念すべき1勝ともなりました。
 
 ステージ2までトップ5をキープする速さを見せたブランドン・ジョーンズは、ステージ2の後のピットでスピード違反を取られ25位と大きくポジションを落としましたが、ステージ3で見事な追い上げを見せ4位フィニッシュ。アーンハートはレースを通してトップ10圏内での走行を続け、自身キャリア最高位となる6位、初のトップ10フィニッシュを果たしました。

 次戦第3戦は3月2日(土)、ラスベガス・モーター・スピードウェイで行われます。

ドライバー クリストファー・ベル
「このような記念すべき勝利というのはいつだって格別です。初勝利、100勝目、そして今日、150勝目を上げることができました。何よりも、トヨタ・スープラでの初勝利ドライバーになれたことは本当に素晴らしいです」


NASCAR GANDER OUTDOORS TRUCK SERIES
第2戦 Ultimate Tailgating 200
開催日:2月23日

カイル・ブッシュが記録更新の通算52勝目

 NASCARガンダー・アウトドアズ・トラック・シリーズ第2戦「Ultimate Tailgating 200」が2月23日(土)にアトランタ・モーター・スピードウェイで開催されました。

 23日(土)、ダブルヘッダー開催となったこの日、直前に行われたエクスフィニティのレースフィニッシュから僅か40分後、午後4時48分に1.54マイルオーバルを40周、40周、50周の3ステージ合計130周(200.02マイル:約320km)して競われる決勝レースのスタートが切られました。
 
 決勝前の午前中に予定されていた予選は雨のためにキャンセルとなったため、スターティンググリッドは2018年のオーナーズポイントで決定。前戦デイトナで勝利を挙げた、地元ジョージア州出身のオースティン・ヒルがポールポジション。18歳のハリソン・バートンが2番手、今回スポット参戦したカイル・ブッシュが7番手、18歳のトッド・ギリランドが11番手からスタートを切りました。
 
 ヒルがスタートで出遅れ、バートンが首位に立ちますが、カイル・ブッシュが6周目にこれをかわし首位を奪取。カイル・ブッシュとバートンの師弟コンビが1-2体制を保ったままステージ1を制しました。ヒルは5位、トッド・ギリランドは7位。

 ステージ2では、スタート前のピットで4位に落ちたカイル・ブッシュがすぐに首位を奪い返しましたが、カイル・ブッシュはタイヤホイールが緩むというトラブルに見舞われ緊急ピットイン。その直後にコース上の異物によりイエローコーションが出されたことにより、カイル・ブッシュは幸いにも周回遅れにならずレースに復帰しました。
 
 24位へとポジションを落としたカイル・ブッシュでしたが、猛烈な追い上げを開始し、ステージ2残り3周で首位を奪還。ステージ1に続き、ステージ2も制しました。ステージ2はバートンが3位、ヒルが6位でポイントを獲得。

 ステージ3もピットでやや遅れたカイル・ブッシュが5周で首位に返り咲き。終盤には多重クラッシュや雨での赤旗が連発し、最後は残り5周でのバトルとなりました。
 
 カイル・ブッシュは再スタートで得意のダッシュを決めると、ライバルの猛追を凌ぎきってトップチェッカー。トラック・シリーズでの通算勝利数で単独首位となる52勝目を挙げました。トヨタ・タンドラはトラック・シリーズで開幕2連勝。
 
 カイル・ブッシュはエクスフィニティ・シリーズでも最多勝利記録を持っており、カップ・シリーズをあわせた3シリーズの合計勝利数は195に。記念すべき200勝まで後5つと迫りました。

 最後の再スタート時、最前列アウトサイドの2番手からスタートしたバートンは、アトランタでは厳しいアウト側スタートでポジションを落とし8位。これをかわしたヒルが7位。ギリランドが9位でチェッカーを受け、トヨタ・タンドラは4台がトップ10フィニッシュを果たしました。

 次戦第3戦は3月1日(金)にラスベガス・モーター・スピードウェイで開催されます。

ドライバー カイル・ブッシュ
「記録を追い、更新することはできますが、我々はそのためにここに来ているわけではありません。我々はただサーキットに来て戦い、勝つためにここに居ます」

「そして今日成し遂げた成果は、間違いなく何年も我々が戦ってきた結果によるものです。我々はベストを尽くすべく努力を続けており、今日はすべてが上手く行きました。我々のトヨタ・タンドラは最高でした」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します