現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダのガスリー、最多距離を走りこみ自己ベスト更新「ペースはいい。開幕に向けパフォーマンスはさらに向上するはず」

ここから本文です
スポーツ 2019.2.27

レッドブル・ホンダのガスリー、最多距離を走りこみ自己ベスト更新「ペースはいい。開幕に向けパフォーマンスはさらに向上するはず」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、F1プレシーズンテスト2回目初日に136周を走りこみ、それがマシンのさらなる改善につながるとして、ポジティブに一日を振り返った。

 スペイン・バルセロナで、26日、ガスリーは長時間にわたりでトップに位置していたが、マクラーレンのランド・ノリスが終盤にC4タイヤでマークしたタイムがこの日の最速となった。しかしガスリーはC3タイヤでノリスとわずか0.006秒差の1分17秒715を記録し、2番手に続いた。このタイムはテスト1でのレッドブルのベストタイムより約1秒速いものだった。周回数は136周で、この日参加した13人中最多の距離を走っている。

    ホンダF1、239周を走行しデータ収集「PUに大きな問題はなし。開幕戦に向け順調に準備を進めた」と田辺TD

「自分たちの仕事に集中し、プログラムに取り組んだ。今のところうまくいっている」とガスリー。

「予定どおり、たくさんのラップを走った。エンジン側にとっても車体側にとってもいいことだ」

「僕らのポテンシャルが大きいことは分かっている。ただ、今の段階では他のチームが何をしているのか分からないからね」

「自分たちの弱い部分を改善しようとしている。おおよその感じはつかめているよ。これからも懸命に努力していくだけだ」

「日を重ねるなかで、少しずつプッシュし始めているが、まだ目いっぱいプッシュしてはいない」

■「真のエンジンパフォーマンスをまだ発揮していない」とガスリー
 ガスリーは、開幕戦が近づくにつれて、真のパフォーマンスを発揮していくことになるが、今は地道に周回を重ね、データを収集し、パッケージを改善していくために努力していくと語った。

「先週はとても有意義なテストができて、テスト2の初日もたくさんの周回を走れたからポジティブな一日だった。僕らにとって重要なのはひたすら作業を進めることだからね」

「(開幕戦の)メルボルンがどんどん近づいている。テストはあと3日間残っているから、パッケージについてさらに学び、パフォーマンスをさらに引き出したい」

「まだ(エンジンパフォーマンスには)余力があるはずだ。日々、少しずつプッシュし始めているところなんだ」

「テストの残り3日間で、パフォーマンスをさらに引き出せるだろう。今は走行距離を重ねて、パッケージについて学んでいる段階だ。それでも今のところ、とても満足できる状態だよ」


「今日は少しだけプッシュしたけれど、マシンの動きについて理解することに集中していた。たくさんの空力テストをして、たくさんのアイテムの評価を行った。それによって、さらに快適に走れるようになったのでよかったよ。ラップを重ねるごとに、よくなっていった。もちろん、まだやるべきことは残っているけどね」

「ペースはよかったよ。でも、今は、自分たちの仕事に集中する必要がある。プランに従って作業をし、たくさんの距離を走っているから、今のところポジティブだ。ポテンシャルはあるから、改善できるエリアを改善していく。懸命に作業に取り組んでいくよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します