現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT:D’station Racing AMRのバンテージGT3がシェイクダウン! ドライバーも好感触

ここから本文です
スポーツ 2019.2.26

スーパーGT:D’station Racing AMRのバンテージGT3がシェイクダウン! ドライバーも好感触

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月25日、静岡県の富士スピードウェイで、D'station Racing AMRが2019年からスーパーGTに投入するアストンマーティン・バンテージGT3がシェイクダウンされた。藤井誠暢とともにジョアオ・パオロ・デ・オリベイラもステアリングを握った。

 2019年からアストンマーティンに車種をスイッチし、新型バンテージGT3導入とともにオリベイラを起用し、体制を刷新したD'station Racing AMR。その待望のニューマシンが、日本到着後グリーンとAMRイエローのカラーリングも施され、富士スピードウェイに登場した。

    D’station Racing AMR発進! アストンマーチン・バンテージGT3と藤井&JPの強力コンビでGT300参戦

 スポーツ走行枠を使ってのシェイクダウンテストとなったが、この日はあくまで動作確認が主目的。今季チームはヨコハマを履くが、本国アストンマーティン・レーシングとのデータ共用のためにコントロールタイヤであるピレリを履いての走行となった。

 シェイクダウンにあたっては、藤井とチームに加わったオリベイラが交代で周回を重ね、新型バンテージGT3のフィーリングを確認している。

 走行後ふたりに話を聞くと、「新型バンテージGT3はバランスがすごくいいです。ダウンフォースも大きいですし、エンジンもトルクフルです」と藤井はコメントした。

「まだまだ合わせ込みが必要ではありますが、伸びしろはすごく大きそうですね」

 一方、これまでのキャリアのなかでGT3カーのドライブが初めてとなるオリベイラは、GT500とは異なる車重とブレーキの違いを感じながらも「クルマはバランスがよくダウンフォースを感じることができた。スーパーGT用のタイヤを履くのが楽しみだ」とコメントしている。

 今後のテストではヨコハマを装着する予定のD'station Racing AMR。そのポテンシャルに期待がかかるところだ。なお、この日のテストではすでに体制を発表している埼玉トヨペットGreenBraveのマークX MCも周回した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します