現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1合同テスト2日目午前:好調フェラーリのルクレールがトップタイム。レッドブルのガスリーは5番手

ここから本文です
スポーツ 2019.2.19

F1合同テスト2日目午前:好調フェラーリのルクレールがトップタイム。レッドブルのガスリーは5番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペイン・バルセロナ郊外のカタルニア・サーキットで行われる2019年のF1プレシーズンテストは2日目を迎えた。午前中のセッションでは、フェラーリのシャルル・ルクレールが1分18秒247のトップタイムを記録した。

 初日に続いてウイリアムズは欠席。2日目も9チームでの走行となった。

    ■F1合同テスト初日:169周走破のベッテル首位。レッドブルは4番手

 セッション開始早々、トロロッソのアレクサンダー・アルボンがターン4の出口でスピン。後ろを向いたマシンはそのままグラベルに捕まってしまい、赤旗が掲示される。

 その後は各車大きなトラブルもなく順調に周回を重ね、チェッカー。初日同様、フェラーリが他を大きく突き離してのトップタイムとなった。

 トップタイムはルクレールの1分18秒247。ハースのケビン・マグヌッセンが1分19秒243と、約1秒遅れで2番手につけた。3番手には1分19秒312でアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィが続いた。

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは1分19秒814で5番手。ルイス・ハミルトン(メルセデス)の74周、ルクレールの73周に次ぐ69周を走破した。

 ガスリーの駆るレッドブルはベストタイムこそ5番手だったものの、相当数の燃料を積んでいると予想され、非常にバランスのとれた走りを見せていたという。

 スピンで出鼻をくじかれたアルボンだったが結局61周を走り、1分20秒046で8番手だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します