現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリF1代表、新車『SF90』は「細部でも限界に挑戦した」と進化に自信

ここから本文です
スポーツ 2019.2.18

フェラーリF1代表、新車『SF90』は「細部でも限界に挑戦した」と進化に自信

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリF1の新車『SF90』には、小さいが重要な要素が隠されている。しかしこれは、肉眼で見てすぐに分かるものではないかもしれない。

 これまでと同様に深い赤に彩られてはいるものの、新車のカラーリングは以前のような艶のあるものではなく、マットな仕上げとなっている。つまり2019年のマシンは、伝統的な色合いよりは少し暗めだ。

    【新旧F1マシンスペック比較】フェラーリ編:節目の90年目を戦うSF90。空力開発を突き詰めたマシンに

 フェラーリの新代表であるマッティア・ビノットは、マラネロでの新車発表の場でマシンについて以下のように述べている。

「理由は美的なものではなく、技術的なものだ」

「艶を取り除くことで数百グラム減量できている。それほど大きな差には聞こえないかもしれないが、限界まで攻めている場合には、これだけでも効果がある」

 100分の数秒を削るために、マシンにこうした変更を施したチームはフェラーリだけではない。2016年にはレッドブルがカラーリングをマットなタイプに変更している。

 オフシーズン中に施行された空力レギュレーションの変更は比較的小さなものであったが、新ルールはチームの準備段階に大きな影響を与えたとビノットは話す。

 カラーリングは、チームが新シーズンに向けていかに微調整と強化を進めてきたかという一例だとビノットは語った。
「新しい空力レギュレーションは、新シーズンの形勢を一変させる要素となっている。我々は進化を遂げるために、どんな細部でも限界に挑戦してきた」

「2018年と同じものはただのひとつもないと思う。しかしこれは変革ではなく、段階を踏んできたものだ」とビノット。

「攻めるということは、これまでの限界や、達成してきたことを越えようとすることを意味している。新しいマシンは、クルマというものが本来持っている限界値にかなり近いと考えている」

 2018年シーズンのSF71Hは、最終的にはメルセデスのマシンに次ぐ出来であったことをビノットは認めた。しかし彼は、冬の間にチームが遂げた進化によって、フェラーリはライバルと同レベルにまで復活すると考えている。

「(昨シーズンのマシンは)最終的に勝てるだけの強さがなかった。けれども基本的なところは良かった」

「我々は過去から学び、問題のすべてを解決し、新シーズンでは確実に準備ができているようにする」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します