現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > D’station Racingが2019年スーパーGT参戦体制を発表、アストンマーティンにスイッチしJP・デ・オリベイラが加入!

ここから本文です
スポーツ 2019.2.15

D’station Racingが2019年スーパーGT参戦体制を発表、アストンマーティンにスイッチしJP・デ・オリベイラが加入!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーGT(GT300クラス)で活躍中のD’station Racingが2019年の参戦体制を発表。アストンマーティン・レーシングとオフィシャルパートナー契約を結び「D’station Racing AMR」として参戦することが明らかとなった。

 昨年まではポルシェを使用し、GT300クラスに参戦していたD’station Racing。今年はアストンマーティン・レーシング(AMR)とパートナーチームとしてタッグを組み、新型のヴァンテージGT3にマシンを変更して臨む。 AMRからエンジニアも派遣されるなど強力なバックアップ体制が敷かれているようだ。なお、使用タイヤは横浜ゴムだ。

    ■DTM最終戦にスーパーGTマシンが参戦か? 見えてきた交流戦計画

 チーム代表は今季ル・マン24時間レースにも参戦を表明している星野敏。元メジャーリーガーの佐々木主浩が引き続き総監督を務める。

 ドライバーは藤井誠暢と、昨年までGT500クラスを戦っていたジョアオ・パオロ・デ・オリベイラのコンビ。さらに第3ドライバーとしてAMRのワークスドライバーであるダレン・ターナーを起用。第5戦富士など長丁場のレースで登場することになりそうだ。

 また、マシンのデザインもプレスリリースで明らかにされおり、昨年までの白をベースにしたカラーリングから一新。チームの母体であるNEXUS・D’stationのコーポレートカラーであるグリーンを基調として、そこにAMRのパフォーマンス・サブブランドであるイエローが融合されている。さらにマシンのフロントウインドウやリヤウイングにはAMRのロゴも掲出されている。

 アストンマーティンのマシンがスーパーGTに登場するのは2014年以来となる。年々激しさを増すGT300クラスでどのような走りを披露してくれるのか、開幕が楽しみである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します