現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRCスウェーデン:SS1はヒュンダイのヌービル最速。トヨタはタナク4番手、グロンホルムが8番手

ここから本文です
スポーツ 2019.2.15

WRCスウェーデン:SS1はヒュンダイのヌービル最速。トヨタはタナク4番手、グロンホルムが8番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年のWRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデンは2月14日、オープニングとなるSS1が行われ、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)がトップにつけた。トヨタ勢最上位は総合4番手につけたオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)だ。

 シリーズ唯一のフルスノーイベントであるラリー・スウェーデンは14日、現地20時すぎ、カールスタッドにある競馬場に設けられた1.9kmの特設ステージで争われた。

    【順位結果】2019WRC第2戦スウェーデン SS1後

 この特設ステージでのSS1はステージを2台のマシンが同時走行するスーパースペシャルステージとして行われ、2018年大会ウイナーのヌービルはシリーズ6連覇を達成しているセバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC)との一騎打ちに臨んだ。

 雪と氷に覆われたSS1で、ヌービルは1分34秒9のタイムを記録。オジエを0.8秒引き離して総合首位につけた。

 大会スタート直前のシェイクダウンでもトップタイムをマークしているヌービルは「(過去にクラッシュした)SS1ではどうすれば負けてしまうかも知っているし、去年の経験からラリー・スウェーデンの勝ち方も分かっている」と語った。

「毎年、ラリーの展開は変わっていくし、今年は特にトリッキーな週末になりそうだ。(競技2日目の)明日は午前中はいいコンディションに恵まれそうだけど、午後の走行は難しくなるだろうね」

「マシンのフィーリングには満足していて、これはかなり重要なことだ。いい形で週末を戦ってシリーズチャンピオン獲得に必要なポイントを稼ぎたい」

 総合3番手はタナクと同時にステージを走行したアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC)が獲得。総合5番手はヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)、総合6番手はテーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)が続いている。

 プライベーターとしてヤリスWRCを走らせるマーカス・グロンホルムは9年ぶりのラリー・スウェーデン参戦にもかかわらず、トップと4.1秒差の総合8番手を確保。トヨタワークスの3人目、クリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)は総合10番手、ヒュンダイから参戦するセバスチャン・ローブ(ヒュンダイi20クーペWRC)は16番手で初日を終えている。

 下位クラスのWRC2を戦う勝田貴元(フォード・フィエスタR5)は出走順の関係から路面の“清掃役”を強いられたこともありタイムが伸びず。総合34番手で初日を終えた。

 本格的な競技幕開けとなる15日(金)は、SS2~8までが行われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します