現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンF1、2019年型マシン『MCL34』をアンベイル。新コンビで再起目指す

ここから本文です
スポーツ 2019.2.14

マクラーレンF1、2019年型マシン『MCL34』をアンベイル。新コンビで再起目指す

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月14日、マクラーレンF1チームは、2019年型F1マシン『MCL34』をマクラーレンテクノロジーセンターのライブ中継で正式発表した。

 マクラーレンは2018年、ホンダからルノーのパワーユニット(PU/エンジン)に変更し、フェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンのふたりでコンストラクターズランキング6位を獲得した。

    【動画】マクラーレンF1がニューマシンMCL34・ルノーを初始動

 2019年は、ルノーのパワーユニットに変更し2年目のシーズン。ドライバーは、ルノーから移籍してきたカルロス・サインツJr.と、2018年にFIA F2に参戦しランキング2位を獲得したランド・ノリスの新コンビに。ノリスは今年F1デビューを果たすルーキードライバーだ。

 ニューマシンについては、2017年から使用される『MCL』のシャシー名が、今シーズンも継続して使用され『MCL34』の名称に。カラーリングはマクラーレン伝統のパパイヤオレンジをベースに、ブルーに彩られた。ドライバースーツはブルーをメインとしたものに変わり、気分を新たに再起を図る。



  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します