現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダRB15の第一印象は”ポジティブ”。初走行担当のフェルスタッペンは笑顔

ここから本文です
スポーツ 2019.2.14

レッドブル・ホンダRB15の第一印象は”ポジティブ”。初走行担当のフェルスタッペンは笑顔

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・ホンダのニューマシンRB15をシェイクダウンで初めて走らせたマックス・フェルスタッペンは、その挙動にポジティブなモノを感じたようだ。

 レッドブルは2月13日に2019年用マシンRB15を発表、同日のシルバーストン・サーキットで、フェルスタッペンの手によりシェイクダウンが行われた。

    ■最初から完璧じゃなくてもいい……フェルスタッペン、テスト開幕を切望

 この日は、レギュレーションで”プロモーション用”として許されている走行枠を活用。走行距離も100kmまでに制限され、さらに使用したタイヤも、ピレリのプローモーション走行用タイヤだった。しかしその限られた走行でも、フェルスタッペンを満足させるものだった様だ。

「このクルマとの最初の数kmを、今日走った」

 フェルスタッペンは走行後、SNSに公開された短いビデオメッセージでそう語った。

「初めて走った後、僕は笑顔になった。このクルマの挙動には満足している。エンジンも同様だ。とてもポジティブだよ」

 フェルスタッペンはF1デビュー後、ルノー製パワーユニット(PU)を搭載したマシンばかりを走らせてきた。他のPUを走らせたのは、2016年の序盤4戦のみ(フェラーリ製)。ホンダのPUを走らせたのは、これが最初である。

 またレッドブルも、そのほとんどをルノー製エンジン/PUと活動してきた。エイドリアン・ニューウェイが率いるデザインチームのこれまでの実績を考えれば、ホンダのPUがパワフルで信頼性の高いPUを生み出すことができれば、メルセデスやフェラーリらと戦える可能性は十分にある。

 フェルスタッペンはその評価について、開幕まで待ちたいとしながらも、来週からバルセロナで始まる合同テストに向け、期待感が高まっているようだ。

「バルセロナに向けて仕事を始めるのを、そしてメルボルンに向けて働き始めるのを待ちきれない」

「今日はとてもポジティブな1日だったと思う。だから、とても満足している」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します