現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダ初走行を終えたフェルスタッペンが笑顔。「マシンもエンジンもいい感じ。大満足だ」

ここから本文です
スポーツ 2019.2.14

レッドブル・ホンダ初走行を終えたフェルスタッペンが笑顔。「マシンもエンジンもいい感じ。大満足だ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・レーシングが、初めてホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載したマシン『RB15』のシェイクダウンを行った。ステアリングを握ったマックス・フェルスタッペンはポジティブな第一印象を述べている。

 13日、チームはイギリス・シルバーストンでフィルミングデーとして新車を初めて走らせた。マシンにはこの日限定のスペシャルカラーであるネイビーとレッドのカラーリングが施されていた。PR目的のフィルミングデーは1年に2日許されており、1日に走行できる距離は100km、デモ走行用ピレリタイヤを使用しなければならない。

    【動画/ロングバージョン】2019年型ホンダF1パワーユニット『RA619H』のサウンド響く。レッドブルRB15が初走行

 フェルスタッペンは6回のランを行い、トラブルなく合計38周を走行。チームは一日を通して多数のシステムのチェックに取り組んだ。

 マシンから降りたフェルスタッペンは、RB15・ホンダの第一印象を次のように語った。

「マシンに乗り込む時は本当にわくわくした。コースに出ると、最初から何の違和感も感じなかった」とフェルスタッペン。

「何のトラブルもなく、いい感じだったから、とても満足だ。それに、今日限定のカラーリングもとても美しかったね」

「今日はフィルミングデーだから、チェックできることには限りがある。それでも公式テストの前に走行するのはとても重要なことだ。第一印象を得て、マシンやエンジンに何か問題がないかどうか確認する意味でね。幸い今日は何のトラブルもなかったし、こういう機会を得られたのはとてもポジティブなことだ」

「これで(公式テスト初日から)本格的なテスト作業に取り組むことができる。そこから得られることを確認し、マシンとエンジンへの理解をさらに進めていく。でも今日はとりあえずいい一日だった」

 一日を終えたフェルスタッペンは、SNSを通して、レッドブル・ホンダに対するポジティブな感想をさらに語っている。

「このマシンでの初走行を終えた。最初のランが終わった後、笑顔になったよ。マシンの挙動がとてもいい感じだったし、エンジンもよかった。すごくポジティブなことだ。一緒に働くメンバーたちも素晴らしい」

 スペイン・バルセロナでのプレシーズンテストは2月18日にスタートする。

Got to love that new car feeling! ?? @Max33Verstappen's launch day lowdown! ?? #RB15 pic.twitter.com/hq7U2nj7tS— Red Bull Racing (@redbullracing) 2019年2月13日

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します