現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズF1の新スポンサーROKiT代表は元タイヤエンジニア。40年間の数奇な運命に「夢が叶った」

ここから本文です
スポーツ 2019.2.13

ウイリアムズF1の新スポンサーROKiT代表は元タイヤエンジニア。40年間の数奇な運命に「夢が叶った」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新たにウイリアムズF1チームのスポンサーとなったROKiTは、2019年の契約に向けていくつかのチームからアプローチを受けていたことを明かした。

 ウイリアムズは12日、マルティーニに代わる新たなタイトルスポンサーであり、新興グローバル通信会社ROKiTにちなんだ新しいカラーリングを発表した。

    2019年シーズンの巻き返しを期すウイリアムズF1が新カラーリングとスポンサーを発表

 ROKiTの共同創設者であるジョナサン・ケンドリックは、自社の商品を宣伝できるグローバルな基盤の確保に熱心で、F1は彼にとっての好機でもあるようだ。

 ウイリアムズF1の発表会に出席したケンドリックは、「市場における我々の存在を知った3つか4つの他のF1チームから、接触があった」と語った。

「我々がウイリアムズに決定したのは、彼らがイギリスのチームであり、私がイギリス人であり、私の会社がイギリスの会社だからだ」

「今や存在しないティレル、ロータス、BRM、クーパー、ブラバムといった他のチームよりも、ウイリアムズの名前がかなり長くガレージ上に掲げられていることを大変気に入っている。ウイリアムズは、まだ持ちこたえている」

「それが第一の理由だ。もうひとつの理由は率直に言って、ここにいるこの女性、クレア(ウイリアムズ/チーム副代表)だ」

「クレアに会って素晴らしいミーティングを行い、彼女のビジョン、情熱、意欲そして戦略に同意した。そして、私は45分間で契約を決意した」

■ROKiT創設者は元タイヤエンジニア。約40年前にウイリアムズを担当
 ケンドリックはまた、ROKiTがF1に関与したことによって、このスポーツに関する彼の記憶が蘇ったと語った。

「私は20歳の時、ウルバーハンプトンでグッドイヤーのタイヤエンジニアをしていた」

「F1向けの全てのグッドイヤーのレースタイヤは、私の生まれたウルバーハンプトンで製造されていた。そして1978年に、彼らはブエノスアイレスの新チームを管理するために私を派遣した」

「極めて印象深いことに、私は(1978年の開幕戦)アルゼンチンGPでアラン・ジョーンズ(当時ウイリアムズ)のタイヤエンジニアだったのだ。そして私は41年後の今、ここでタイトルスポンサーとなった」

「夢が叶ったのだ。私は、ここに座っていることをとても誇りに思っている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します