現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポルシェ、BMW&フォードがWEC撤退の噂に動じず「GTEはまだ健全」

ここから本文です
スポーツ 2019.2.12

ポルシェ、BMW&フォードがWEC撤退の噂に動じず「GTEはまだ健全」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポルシェのGTファクトリーモータースポーツ ディレクターであるパスカル・ツアリンデンは、BMWとフォードが今季限りで世界耐久選手権(WEC)のLM-GTE Proクラスから撤退する可能性があることについて、特に問題ないと考えているようだ。

 BMWは、2018/19年のWECスーパーシーズンの開幕からM8 GTEを投入。MTEKが運営するチームで2台を走らせている。しかしながらBMWモータースポーツのイェンス・マルカート代表は、現在のシーズンが終了するまで、今度のWECへの関与について判断が下されることはないと語った。

    ■ハートレー、バトンの代役でWECに復帰。セブリングとスパを戦う

 一方フォードは、WECと北米のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の双方でファクトリーのGTプログラムを徐々に縮小しており、2019/20シーズンのWECに継続参戦しない可能性が高いと考えられている。

 もしBMWとフォードがLM-GTE Proクラスから撤退することになれば、同クラスに参戦するのはポルシェとフェラーリ、アストンマーチンの3メーカーに減ることになる。

 しかしツアリンデンは、他メーカーの動きにかかわらず、ポルシェは同カテゴリーにしっかりと取り組んでいくつもりだと主張した。

 ツアリンデンはバサースト12時間レースに訪れた際、「現時点で、WECのGTEに参戦しているメーカーの数はピークを迎えていると思う」とメディアに語った。

「しかし過去には、今と比べて1つか2つメーカーが少ないこともあったし、GTEカテゴリーはまだ健全だ。だから我々はWECの状況が悪くなっているとは思っていない。我々はまだそれをやるつもりだ」

「WECは世界選手権だ。それはメーカーにとって常に魅力的なものだ」

 ポルシェはル・マン24時間でクラスワンツーフィニッシュを達成し、LM-GTEメーカーのランキング首位。ドライバーズランキングでも、ル・マンと富士で勝った92号車のケビン・エストレとミヒャエル・クリステンセンが、姉妹車の91号車のジャンマリア・ブルーニ、リヒャルド・リエツを大きくリードしトップに立っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jamie Klein)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します