現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT:GT300クラスのノックアウト予選はQ2進出が14台から16台へ

ここから本文です
スポーツ 2019.2.12

スーパーGT:GT300クラスのノックアウト予選はQ2進出が14台から16台へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは、メディア向けに2019年のスーパーGTスポーティングレギュレーションを公開している。いくつかの変更点があるが、大きなところではGT300クラスのノックアウト予選の進出台数が変更されていることが目を引く。

 スーパーGTでは、予選をQ1とQ2に分け、GT500クラスとGT300クラスでそれぞれノックアウト予選を実施している。今回発表された2019年のスポーティングレギュレーションを比較すると、いくつか変更が見られている。

    D'station Racing、2月15日に2019年のスーパーGT参戦体制を発表へ

 GT300クラスでは、これまでQ1上位14台がQ2に進出していたが、2019年からはQ2進出が16台に変更された。これにより、GT300ではQ2で逆転を狙えるチャンスが広がる。なお、GT500クラスはQ2進出は8台で変わらない。

 また、2018年から導入されたGT300クラスの予選Q1の組分けも引き続きレギュレーションに記載されているが、GT300のA組とB組の間のインターバルが昨年までの5分間から8分間に変更された。なお、組分けがある場合は台数変更により、それぞれ上位8台がQ2進出となる。

 GT300クラスのQ1における組分けは、2018年はスポーツランドSUGOで採用されたが、2019年は第1戦岡山でも採用されるのではないかと噂されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します