現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 世界ラリークロス:グロンホルム率いるGRX、2019年もヒュンダイi20で参戦。息子ニクラスも継続起用

ここから本文です
スポーツ 2019.2.12

世界ラリークロス:グロンホルム率いるGRX、2019年もヒュンダイi20で参戦。息子ニクラスも継続起用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2度のWRC世界ラリー選手権チャンピオンであるマーカス・グロンホルム率いるGRXは、3台のヒュンダイi20スーパーカーで2019年のWorldRX世界ラリークロス選手権に参戦する。

 グロンホルム率いるGRXはロシアの石油企業『TANECO(タネコ)』をタイトルスポンサーに迎えて2018年のWorldRXに参戦。独自に開発してきたi20スーパーカーのデビューイヤーながらワークスサポートを受けるチームに続くシリーズランキング4位を獲得してみせた。

    世界ラリークロス:開発に2年費やした『ミニ・クーパーSX1』、2019年シーズンから本格参戦開始

 チームは2019年もGRXタネコとして継続参戦。ニクラス・グロンホルムとティミー・ティミジヤノフをレギュラードライバーとして起用するほか、いくつかのラウンドでは開発ドライバーのレイニン・ニティッシュも招集して3台体制を構築する。

 チームプリンシパルのマーカス・グロンホルムは「新型マシンのデビューイヤーは厳しい戦いになると思っていたが、2018年シーズンは想像以上の好成績を収めることができた。オフシーズンの間もi20スーパーカーの改良を続けていて、2019年は新たなステップを踏み出せるはずだ」と期待を示す。

「このプロジェクトを長期的な視点で捉えていて、チームのコアメンバー、ドライバーラインアップを維持できることは喜ぶべきことだし、これでチャンピオン争いを優位に戦えるはずだよ」

 マーカス・グロンホルムの息子であるニクラスは「同じマシンを使ってシリーズを戦うのは今回が初めてなんだ。マシンへの知識が豊富な状態で戦えるのはうれしいことだ」と語っている。

「マシンのベースパフォーマンスは充分だから、あとコンマ数秒を削れるようなアップデートを施してきた。シーズン開幕まであとわずかだし、初開催となるアブダビでの初戦が待ち遠しいよ」

 2019年シーズンのWorldRXは4月5~6日の第1戦アブダビで開幕し、11月9~10日の最終戦南アフリカまでの全10戦で争われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します