現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 左肩手術明けのマルケス「まだフルパワーの状態ではなかった」/MotoGPセパンテスト初日コメント

ここから本文です
スポーツ 2019.2.7

左肩手術明けのマルケス「まだフルパワーの状態ではなかった」/MotoGPセパンテスト初日コメント

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月6日にマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで始まった、2019年MotoGP最初の公式テスト。初日を終えて、各ライダーたちが走行を振り返った。オフシーズン中に左肩の脱臼癖を治す手術を受けたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は、トップタイムで終えた初日について「フルパワーの状態ではなかった」と身体面について言及している。

■マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム(初日1番手:1分59秒621)
「長い冬を経て、マシンにまた乗ることができてとてもうれしいが、まだ、フルパワーの状態ではなく、思っていたほどではなかった。1、2周ならばOKなのだけど、ライディングスタイルを変える必要があったんだ」

    MotoGP2019年シーズン始動。セパンでスタートの公式テスト初日、王者マルケスが“最初の”トップ奪取

「テストはまだ二日あるので、今日は早めに走行を切り上げた。体の状態を見極めたい。ホンダはこの冬の間に本当に頑張ってくれた。今日はいくつかのことを試したが、まだまだやるべきリストは多い。重要項目から試している。マシンは好調だけれど、(2月23日から始まる)カタールテストまでにトライすることがたくさんあるよ」

■アレックス・リンス/チーム・スズキ・エクスター(初日2番手:1分59秒880)
「ファーストインプレッションはとてもいい。2019年のマシンを作ることを目標に、新しいパーツがたくさん持ち込まれている。今日のラップタイムとレースペースはすでに強力で、多くのポテンシャルを感じる。シーズンのスタートからコンスタントに強いことを目指している。初日のテストで達成できたことについて、とてもいい気分だ」

■マーベリック・ビニャーレス/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP(初日3番手:1分59秒937)
「(テストの)スタートからフィーリングがよかったので、とてもハッピーだよ。冬の間、トレーニングを重ねたのでフィジカル面の問題はない。3日間全力でテストに臨みたい。コースではかなり正確に走ることができるが、改善する余地がある。チャンピオンシップのためには改善は非常に重要だ。加速の部分を向上させたいし、2018年に苦戦したブレーキングの部分の改善に集中して取り組みたい」

■ダニロ・ペトルッチ/ミッション・ウィノウ・ドゥカティ(初日5番手:2分00秒051)
「初日としてはポジティブだった。タイムアタックしなかったにも関わらず、午前中にミディアムコンパウンドのタイヤを履いて速く走ることができた。一方で気温が上がり、グリップレベルが下がると改善しなければならない点があり、明日はこの部分に焦点を当てる」

「フィジカル的には疲れも感じないし、ウインターブレイク中のトレーニングでコンディションを作ることができた。明日は気温の高い時間帯に2、3回のロングランを予定している。すでにベースが出来上がっており、これは最も重要なこと。新しいカラーリングのマシンで初めて走り、とても感動的だった」

■バレンティーノ・ロッシ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP(初日6番手:2分00秒054)
「再びマシンに乗ることができて気分がいい。初日はとても暑かったけどね。フィジカル面の問題もなく楽しめたよ。初日はポジティブだった。バイクのフィーリングはよく、特にユーズドタイヤでのグリップとラップタイムの改善に取り組んだ。初日なので上位のライダーの様子を見ていたが、僕たちもそれほど悪くなかった。2018年に比べて、改善が見られたようだ」

■中上貴晶/LCRホンダ・イデミツ(初日7番手:2分00秒158)
「全体的なポジションはそれほど悪くないけれど、2018年11月(ヘレステスト)以来のMotoGPマシンのライディングなので、午前中はマシンの感覚を取り戻すのに少し時間がかかりました。冬の間、新しいシーズンに備えてたくさんのトレーニングを積んできてはいましたが、本物のMotoGPマシンとは異なりますから」

「ステップバイステップでフィーリングを取り戻し、最終的なラップタイムはかなりよかったです。現時点ではマシンのセットアップに集中する必要があり、ブレーキングの安定性にまだ満足していませんが、初日としてはそれほど悪くなかったと思います。特にニューパーツの投入がありませんから、取り組むことはとてもシンプルなんです。収集したデータに集中し、できるだけフィーリングの改善を図りたいと思います」

■アンドレア・ドヴィツィオーゾ/ミッション・ウィノウ・ドゥカティ(初日8番手:2分00秒197)
「今日はコンディションもよく、天気もよかったのでポジティブな一日となった。いくつかの比較を行ったが、あまり大きな違いは見い出せていないんだ。明日もマシンに関する評価を続ける必要がある。僕たちはとてもいいベースを持っているよ。(テストライダーの)ミケーレ・ピロによってなされたこの仕事は、僕らの目的のためにいつも役立つんだ。フィジカル的にもフィーリングがいいし、全体的にとてもハッピーだよ」

■ジョアン・ミル/チーム・スズキ・エクスター(初日23番手:2分01秒432)
「多くの仕事に取り組み、大変な一日だったが、いい進歩を遂げることができた。残り二日でほかの多くのことに取り組むだろう。MotoGPライダーになれたと感じるよ。今日はマシンのセットアップに集中したが、明日、明後日とより多くの経験と知識を得ることに集中する。(2018年11月に行われた)ヘレステストからのマシンの改良を実感できた。すべてがいい方向に進んでいる」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します