現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1テストで新タイヤ規則がスタート。3色のマーキングでコンパウンド5種類を区別

ここから本文です
スポーツ 2019.2.6

F1テストで新タイヤ規則がスタート。3色のマーキングでコンパウンド5種類を区別

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1タイヤサプライヤーのピレリが、2019年プレシーズンテストで5種類のコンパウンドを識別するためのシステムを明らかにした。

 F1は2019年に向けて、ファンにとって分かりやすいようにタイヤレギュレーションを一部変更した。ドライ用コンパウンドの種類を7から5に減らし、C1からC5の名称をつけ(C1が最も硬く、C5が最も軟らかいコンパウンド)、各グランプリに導入される3種類のコンパウンドをハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)と呼ぶことが決まっている。当然のことながら、そのグランプリにチョイスされた3種類のコンパウンドがC1からC5のどれなのかは明らかにされる。

    メルセデスF1の新車W10はカモフラージュカラーに? ティーザー画像で波紋

 一方、テスト期間には5種類のコンパウンドがすべて利用できる。そのためピレリは、グランプリ中と異なるタイヤマーキングを行い、コンパウンドが区別できるようにすることを決めた。C1とC2はともにホワイトだが、C1にはラインはなし(Pirelli P Zeroの文字のみ)。C3はイエロー、C4とC5はレッドで、C5にはラインは入らない。

「通常のグランプリでは3つのカラーしか用いないので、テストでも3色のみ使用することにした」とピレリのF1およびカーレーシング責任者のマリオ・イゾラ。

「しかしそれぞれのコンパウンドを識別できるように、最も硬いタイヤと最も軟らかいタイヤにはラインを入れない。インシーズンテストでも同様の形で対応する」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します