現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 耐久レース”3連勝”。小林可夢偉、WEC次戦のセブリングでは、アロンソが”ライバル”

ここから本文です
スポーツ 2019.1.28

耐久レース”3連勝”。小林可夢偉、WEC次戦のセブリングでは、アロンソが”ライバル”

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年のデイトナ24時間レースを制したのは、ウェイン・テイラー・レーシングのコニカミノルタ・キャデラックDPi-V.Rだった。デイトナ優勝クルーの一員となった小林可夢偉が、レース後に喜びを語った。

「2カ月前にオファーをもらったばかりでしたが、とても印象的でした。準備するには短い時間でしたけど、全てのクルーは素晴らしい仕事をしてくれたと思います。ここにいることができて、とても良かったです」

    ■フェルナンド・アロンソ、デイトナ24時間優勝。ウェイン・テイラー・レーシングの〝完璧な仕事〟に感謝

 そうmotorsport.comに語った小林。しかし小林が乗った時間は、24時間のレース中、2時間あまりだった。

「僕が乗ったのは、とても短い時間でした。2時間と少しだったと思います」

「特別なコンディションでしたし、マシンもコースも、ドライでしか経験していませんでした。ウエットでドライブできないのは残念でしたけど、とても凄いコンディションでした」

「チームは、ジョーダン(テイラー)をマシンに乗せることを決めました。彼はここで生まれたようなものですからね。そしてフェルナンド(アロンソ)も、雨でとても信頼できますし、ペースも素晴らしかったです。だから、残りのレースはふたりで走ることを決めました。チームは素晴らしい決断をしたと思います」

 アキュラ・チーム・ペンスキーの7号車をドライブしたアレクサンダー・ロッシは、ドライコンディションのままだったら、間違いなく勝てたはずだと語った。ウエットコンディションは、チームが勝つ助けになったのかと小林に尋ねると、彼は「どんなコンディションでも強かったはず」と語った。

「ドライでも、戦うことができたと思います。僕らはフルコースイエローでステイアウトしたため、(後続との)差が縮まってしまいました。いくつかのチームはピットインして、ニュータイヤに変えたんです。とても難しい状況でした」

「でも、勝利に向けてマネジメントすることができました。僕らは、基本的にはどんなコンディションでも強かったと思います。全てのドライバーが安定していましたし、勝つチャンスは(最初から)あったはずです」

「そして今日のコンディションで勝つのは難しかったけど、僕らはやり遂げることができました。素晴らしい仕事をしたと思います」

 今回のデイトナでは、アロンソとチームメイトとして戦った小林。しかしWEC(世界耐久選手権)に戻れば、同じチームではありながらも別のクルマに乗ることとなり、チャンピオンシップを争う”ライバル”に戻ることになる。

「セブリングで、彼とはまた良い戦いをしたいと思います。彼は、言うまでもなく素晴らしいドライバーです。だから、僕にとっては彼と戦うのは素晴らしいチャレンジです」

「同じクルマで同じチーム、そしてカーナンバーとドライバーだけが違うという相手と、チャンピオンシップをかけて戦っています。しかも、現時点での差は5ポイント……凄い僅差です。僕や、僕のチームメイトたちにとっては大きな挑戦ですが……数カ月後にどうなっているか、そしてル・マンで何が起きるのかを見てみようと思います」

「ここまでの僕らは、良い仕事ができていると思います。WECでは2連勝してますし、ここデイトナでも勝ったので、僕は耐久レース3連勝です。これを続けていき、チャンピオンシップに勝ち、そしてル・マンにも勝つことができれば良いと思っています」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Reporting by Jamie Klein)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します