現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダカールラリー3日目は過酷な1日。サインツとド・ヴィリエールに悪夢、総合トップはトヨタのアルアティヤが返り咲き

ここから本文です
スポーツ 2019.1.10

ダカールラリー3日目は過酷な1日。サインツとド・ヴィリエールに悪夢、総合トップはトヨタのアルアティヤが返り咲き

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダカールラリー2019の3日目の走行が行われ、X-raid miniのステファン・ペテランセルがステージ優勝を飾った。ステージ2番手のタイムを記録したトヨタのナセール・アルアティヤが、総合トップに浮上している。

 2輪と4輪で合計13度ダカールラリーを制しているペテランセルは、ラリー2日目に電気系のトラブルに気を取られ”ルーキーのような”ミスを犯し20分のタイムロスを喫したが、サン・ファン・デ・マルコナからアレキパへ向かうステージ距離331km、総走行距離798kmのステージ3で挽回した。

    ■アロンソ、ダカールラリーのテスト参加に興味?「多分才能ない」と意外なコメントも

 アルアティヤと競うように2番目のウェイポイントを通過したペテランセルは、その後徐々に差を広げアルアティヤより3分26秒速くステージを駆け抜けた。結果として、ペテランセルは総合順位を13番手から3番手まで上げている。総合トップには、ラリー初日にトップタイムをマークしたアルアティヤが返り咲いている。

 アルアティヤのチームメイトであるジニエル・ド・ヴィリエールは、2日目の走行を終えた時点で総合トップに立っていたが、3日目のステージ開始172kmの地点でマシンストップ。最終的になんとかステージを走り終えたものの4時間30分ものタイムをロスし、総合40番手までポジションを落とした。

 X-raid miniのカルロス・サインツも、大幅なタイムロスを喫した。ステージ開始39kmの地点で左フロントサスペンションの破損に見舞われ、3時間15分におよびマシンを止めた。こちらも総合36番手までポジションを落としており、2018年のダカールウイナーであるサインツにとって、連覇は早くも絶望的になりつつある。

 2輪部門のトップランナーにとっても、3日目は悪夢のような1日となった。初日からトップを守っていたホアン・バレダ(モンスターエナジー・ホンダ)が、霧による視界不良の影響もあってバイクをスタックさせてしまい、脱出することができなくなってしまったのだ。最終的にヘリコプターの助けを借りて脱出したため、バレダは失格となった。

 バレダに代わり、パブロ・クインタニヤ(ロックスター・エナジー・ハスクバーナ・ファクトリー)が総合トップに浮上。ケビン・ベナバイズ(モンスターエナジー・ホンダ)が2番手となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jamie Klein)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します