現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダカールラリー2日目:ローブ、ステージ優勝で総合5番手まで挽回。トヨタ勢が総合ワンツー

ここから本文です
スポーツ 2019.1.9

ダカールラリー2日目:ローブ、ステージ優勝で総合5番手まで挽回。トヨタ勢が総合ワンツー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダカールラリー2019の2日目、ステージ優勝を飾ったのはセバスチャン・ローブ(PHスポーツ)だった。

 プライベーターであるPHスポーツから参戦し、2017年型のプジョー3008DKRを操るローブ。初日は84kmのステージで6分以上遅れ、トップ10圏外となっていた。

    ■ダカール2019初日:トヨタのアルアティヤ、前年王者サインツに2分差をつけトップ発進

 しかし2日目のピスコ~サン・ファン・デ・マルコナ間の342kmに及ぶステージで徐々に差を広げていった。結果的にX-raid miniの4輪駆動車を駆るナニ・ローマよりも8秒速いトップタイムをマーク。この結果、ローブはトップと1分56秒差の総合5番手まで浮上した。

 ステージ3位となったのは、トヨタのベルンハルト・テン・ブリンケ。ステージ後半にローブに迫るほどの速さを見せたが、最終的には約1分の差をつけられた。

 彼のチームメイトであるジニエル・ド・ヴィリエールは僅差のステージ4位となり、総合ではトップに浮上。28秒差の2位にブリンケがつけており、トヨタがワンツーとなっている。総合3番手は42秒差のローマだ。

 一方、初日トップタイムをマークし2分近いリードを持っていたナセール・アルアティヤは、出走順が最初だったこともあってかまさかの苦戦。総合8番手までポジションを落としている。

 2018年のウイナーで初日2番手だったカルロス・サインツ(X-raid mini)は、タイヤの内圧調整システムが故障し2度のパンクを喫したものの総合では6番手に踏みとどまった。

 X-raid miniは今回、2輪駆動車のバギーを3台、4輪駆動のラリーカーを5台投入しているが、バギーを操るシリル・デプレは総合9位。ステファン・ペテランセルは総合13番手となっている。

 ペテランセルのペース自体は良かったものの、ステージを3分の1ほど消化した時点でマシンストップ。25分以上のタイムをロスした。

 またX-raidの4輪駆動車のうち1台が、2日目に脱落することとなった。オーランド・タラノバがステージ中盤でクラッシュを喫し、腰の痛みを訴えヘリで病院に搬送されているためだ。

 2輪部門では、初日に続いてホアン・バレダ(モンスターエナジー・ホンダ)がトップをキープ。前年ウイナーのマティアス・ウォークナー(KTM)がステージ優勝を果たし、総合2番手まで浮上している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します