現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レーシングポイント所有のストロール父、チーム取得理由は「ビジネスチャンスだと思ったから。息子のためじゃない」

ここから本文です
スポーツ 2019.1.6

レーシングポイント所有のストロール父、チーム取得理由は「ビジネスチャンスだと思ったから。息子のためじゃない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レーシングポイントのチームオーナーであるローレンス・ストロールは、自チームが”パドックで最も優れたチームのひとつ”になるために、2021年のレギュレーション大改革を活用したいと考えている。

 ストロールが率いるコンソーシアムは、2018年の夏に、財政難に陥ったフォースインディアの資産を購入し、それを活用する”新チーム”としてベルギーGPからのエントリーを認められた。

    ■2019年のトロロッソは、レッドブル2018年パーツを多用か? テクニカルディレクター不在も問題なし

 レーシングポイントの前身であるフォースインディアは、2016年と2017年にコンストラクターズランキング4位となり、レーシングポイントとなったことでシーズン前半のポイントを剥奪された2018年も、最終的にはランキング7位となった。しかも今のレーシングポイントは、潤沢な資金力を後ろ盾に、さらなる前進が期待されている。

 ストロールは、2021年のレギュレーション大改革が、チームの成功を促進することを期待している。

「短期的には、我々はいるべきポジションで戦い続けることを望んでいる」

 ストロールはF1公式サイトのインタビューにそう語った。

「中期的には、4位を争うのではなく、3位を目指したい」

「長期的には、ルールのすべてが変更された時には、パドックで最高のチームのひとつになることを願っている」

 2019年のレーシングポイントのドライバーには、ストロールの息子であるランスが加入することが決まった。これにより高い評価を集めるエステバン・オコンがシートを失うことになり、批判の対象ともなった。しかしストロール曰く、チームを買収したのは息子のためではなく、ビジネスチャンスと見なしたからだと主張した。

「2021年からのF1のビジョンを理解するため、彼らと時間をかけて話した。そして私は、これをビジネスチャンスと見なしたのだ。それは予算制限であり、より小さいチームに対する分配金の改善だった」

「これは、このような会社にとって、ビジネス上で大きな意味を持つ」

「私は30年にわたって、スポーツに関与してきた。ここには10チームしかいない。NFL(ナショナル・フットボール・リーグ/米国アメリカン・フットボール)やイギリスのラグビー、そしてサッカーなどの参戦チームの価値を見て欲しい。その資産価値は適切に扱われ、長期にわたって大事にされてきた」

「ここ(F1)でも、同じことが起きると思っている」

 レーシングポイントは、フォースインディア時代に引き続きオットマー・サフナウアー(チーム代表)とアンディ・グリーン(テクニカルディレクター)が、チームを率いていくことになるが、ストロールも深く関与していくという。

「チームには、すでに優れたリーダーシップとマネジメント力がある」

 そうストロールは付け加えた。

「彼らは長きにわたって、素晴らしい仕事をしてきた。だから私の仕事は、彼らをサポートすることだ」

「そして第二には、財政面を安定させることだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell, Christian Nimmervoll)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します