現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ・カブをカスタムするとこんなに男らしくなる!

ここから本文です
スポーツ 2019.1.1

ホンダ・カブをカスタムするとこんなに男らしくなる!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブのカスタムにはルールなんて存在しない!その言葉を形にしたようなこの2台は、ありきたりなカスタムカブとは一線を画す、走りを追求した現代のスポーツカブだ。PHOTO:渡辺昌彦 REPORT:橘 祐一EVENT越後カブ主総会&ほんでるずミーティング開催日:2018 年7月22日( 日)開催地:デンカビッグスワンスタジアム

似て非なるアプローチ それぞれのスポーツカブ

    125ccスクーターの主要どころの仕様とスペックを徹底比較!

 スーパーカブって何だろう。そんなことを考えさせられるこの2台。両車ともに前後の足周りにNS-1用が移植され、ノーマルの鉄カブに比べてふた回り以上デカい。一見するとカブには見えないのだけれど、あのフレームの形、サイドカバーの形を見るとやっぱりカブ。60年愛され続けるデザインってすごいなぁ、としみじみ感じてしまうほど。

 NS-1の足周りを移植~なんて気楽に書いてしまったけれど、もちろん装着は簡単ではない。フロントフォークはステムの長さが違うので延長加工が必要だし、ハンドルストッパーやハンドルロックなど、かなりの加工をしなければならない。リヤの足周りだってそう、NS-1はモノサスだから、どちらかを加工しなくてはいけない。それなりの情熱が必要なのだ。

 そうして換装した足周りにより、レーシーさが一気に高まる。フロントに合わせてリヤショックも性能アップすれば、戦闘力はスポーツバイク並みに変身する。125ccクラスと同じ90/80-17&100/80-17のタイヤは、カブ純正とは比べ物にならないほどコーナーを攻め込める。
 さて、どちらもNS-1の足周りという点では同じだが、カスタムの方向性は異なる。ブルー&グレーのカブは走りを追求してリヤの足周りにNS-1用のモノサス、シルバーのカブはクラシカルなイメージで2本サスを採用。それぞれのアプローチでスポーツカブを完成させている。

目指すはホンダの"RR"

NS-1の足周りで武装

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan モト・チャンプ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します