現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ライコネンがフェラーリから離れるのは、F1にとって大きな打撃? メルセデス代表語る

ここから本文です
スポーツ 2018.12.23

ライコネンがフェラーリから離れるのは、F1にとって大きな打撃? メルセデス代表語る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キミ・ライコネンは、2018年限りでフェラーリを離れ、2019年シーズンにはザウバーに移籍することとなっている。ライコネンの後任には、今季ザウバーを走らせて衝撃的なF1デビューを果たしたシャルル・ルクレールが加入する。

 フェラーリに加入後、なかなか好結果を残せないでいたライコネン。しかし今年はイタリアGPでポールポジションを獲得、アメリカGPでは勝利を収めるなど、強さを見せた。

    F1マシン解説【トロロッソ・ホンダSTR13】:ホンダとの1年目はランク9位。トロロッソSTR13開発の歩み

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ライコネンがトップチームのマシンに乗らないことで、F1全体が苦しむことになるだろうと、限られたメディアだけが出席を許されたインタビューの中で語った。

「キミがもう、フェラーリや勝利を狙えるマシンに乗らないことは、F1にとって大きな変化となるだろう」

 ウルフはそう語った。

「彼は手強いキャラクターだ。今日では、その年齢の中では数少ないひとりだ。彼は自分自身に正直なのだ」

「彼は自分の価値観を持ち、その価値観に正直であり続けている。そして、彼はホンモノのドライバーだ。だから、ファンは彼を愛している。キミがフェラーリにいないというのは、我々全員にとって大きな打撃になるだろう」

「しかし少なくとも、彼が完全にいなくなるわけじゃない。彼はザウバーにいる」

「残念なことに、フェルナンド(アロンソ)は完全にF1から離れ、キミはフェラーリからザウバーに移籍する。F1は信じられないような有名人を、ふたりも失ったんだ。キミとフェラーリの組み合わせは魅力的だった」

 ザウバーに移籍するのは、ライコネンにとっては競争力の面では後退である。しかしウルフは、ライコネンがF1を続けることを決めたのは正しいことだったと確信しているという。

「キミは、楽しむためにザウバーにやってきた。しかしザウバーは、”ベスト・オブ・ザ・レスト”のマシンになれることを証明している」

 そうウルフは説明した。

「ファクトリーは、彼の家から40分だ。だから、彼は家で過ごすことができる。フレッド(フレデリック・バスール/ザウバーのチーム代表)は戦う集団を持っているし、フェラーリとも強い関係がある。だから、キミが楽しめないという理由はない」

「我々は彼がすべきことにとても心を動かされてきた。もし彼が勝てないクルマに乗るのなら、F1を去るべきなのだろうか? しかし我々は全員、幸せになるため、そして楽しむためにここにいる。そしてもし彼がドライビングを本当に楽しんでいるのであれば、自分の情熱に従うのは正しいことだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します