現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダと組むのは絶好のチャンス。レッドブルの”チャンピオン争い返り咲き”を期待するロス・ブラウン

ここから本文です
スポーツ 2018.12.20

ホンダと組むのは絶好のチャンス。レッドブルの”チャンピオン争い返り咲き”を期待するロス・ブラウン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2010年から2013年にかけ、4年連続でダブルタイトルを獲得したレッドブル。しかし2014年に現行のV6ターボエンジン+ハイブリッドシステムのいわゆる”パワーユニット(PU)”レギュレーションが導入されると、メルセデスにチャンピオンの座を奪われることとなってしまった。

 そのレッドブルは2018年シーズン限りで、長きにわたって共闘してきたルノーと袂を分かち、2019年からはホンダとパートナーシップを組む。

    ■ホンダ山本雅史モータースポーツ部長「山本尚貴がF1に乗る可能性は消えていない」

 ホンダは2015年にF1に復帰し、マクラーレンと共に3年間戦ってきた。しかしこのパートナーシップはうまくいかず、2018年からそのパートナーを、レッドブルの姉妹チームであるトロロッソに切り替えた。そのトロロッソで見せたパフォーマンスがレッドブルのお眼鏡に適い、そして両者のパートナーシップが締結されることとなった。

 F1のスポーティング部門のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、新たにホンダと組むことになるレッドブルは、ルノーのカスタマーというポジションから脱却することのメリットを、最大限活用する必要があると語る。なおブラウンは、2008年にホンダF1チームのチーム代表を務めた人物でもある。

「ホンダがレッドブルとチームを組むのは、とてもポジティブなことだ。なぜなら、レッドブルがフルワークスチームになるということを意味するのだからね」

 そうブラウンは語る。

「エンジンメーカーのワークスチームになるということは、常に異なるチャレンジだ」

「手を携え続け、一緒に飛び込み、そしてひとつのチームとして一緒に働く……そういうチャンスを得るということは強みになる」

「それは私が、常に意識していたことだ。それは本当に、素晴らしいチャンスをもたらすことになるのだからね。レッドブルはホンダとのチャンスをしっかりと掴み取り、最前線に戻らねばならない」

「彼らは再び、チャンピオン候補にならなければいけないんだ」

 ホンダはまだ、F1復帰以降表彰台を獲得できておらず、2018年バーレーンGPの4位(ピエール・ガスリー)が最高成績である。

 ホンダが来シーズン、素晴らしいパフォーマンスのPUを用意することができれば、レッドブルがタイトル争いに加わるのも決して不可能ではない。そうなった場合、2018年にも大活躍したマックス・フェルスタッペンが、王者候補に躍り出るのではないかとも言われており、ルイス・ハミルトンやセバスチャン・ベッテルらも、警戒する旨のコメントを発している。

 ブラウン曰く、フェルスタッペンはチームリーダーとして成長していくことになるかもしれないと語る。

「彼の若さを忘れてしまうことは簡単だ」

 そうブラウンは言う。

「もし皆さんが彼と同じ年齢の時に、同じような注目とプレッシャーにさらされたらどうだろうか? そう考えれば、彼がやっていることはかなり特別なことだと言うべきだ」

「我々がマックスに見せられているもの、それはスピードと攻撃性を失うことなく、彼のアプローチの仕方が素晴らしく成熟しているということだ。しかし、攻撃するという点で言えば、もう少しだけ落ち着く必要がある」

「適切なマシン、そして適切なチームを手にすることができれば、彼は間違いなく世界チャンピオンになれる器だ。彼は2019年には、チームの中の基準となるであろう」

「継続性を維持するためには、そういうドライバーの存在はチームの中で常に役に立つことになる。扱いにくいマシンになってしまっていたり、修正することがある場合には、その性格が分かっているドライバーが言うことは、とても役に立つのだ」

「だから、彼のような存在がいるということは、チームにとって素晴らしいことだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します