現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:ヘレスサーキット、第6コーナーの名称を『ダニ・ペドロサ・コーナー』に変更

ここから本文です
スポーツ 2018.12.20

MotoGP:ヘレスサーキット、第6コーナーの名称を『ダニ・ペドロサ・コーナー』に変更

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月17日、スペインのヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトは、第6コーナーの名称を『ダニ・ペドロサ・コーナー』に変更することを発表した。

 1987年にロードレース世界選手権(WGP)で初グランプリを開催したヘレス・サーキットは、1989年から現在に至るまで、スペインGPとして毎年春にグランプリを開催している。

    現役引退のペドロサが明かす胸中。「いつか必ずタイトルを獲れると信じていた」/特別インタビュー前編

 1月には、2017年にこの世を去ったMotoGPレジェンドライダー、アンヘル・ニエトの功績を称え、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトに名称を変更することを発表した。

 そのヘレス・サーキットの第6コーナーは、ドライサックの名がついていたが、今年引退するペドロサの功績が称えられ、ダニ・ペドロサ・コーナーと名称が変更されることとなった。

 ペドロサは、2001年にグランプリデビューを飾り2006年から2018年まで最高峰のMotoGPクラスで活躍した。しかし2018年限りで現役を引退。2018年シーズンの最終戦では、MotoGP29人目の殿堂入りを果たした。

 ヘレス・サーキットで行われるスペインGPでは、現役の18年間で4勝、表彰台は11度獲得している。

 13のコーナーがあるヘレス・サーキットは、これまでコーナー名に5人のライダー名が付いており、5コーナーがシト・ポンス、8コーナーがホルヘ・マルチネス・アスパー、9コーナーがアンヘル・ニエト、11コーナーがアレックス・クリビーレ、13コーナーがホルヘ・ロレンソだ。

 2019年もMotoGPの第4戦として開催されることが決定しており、2019年から新たに開催する電動バイクレースMotoEの開幕戦も行われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します