現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダカールラリー:北米のスター、ロビー・ゴードンが2年の休養を経て戦線復帰

ここから本文です
スポーツ 2018.12.19

ダカールラリー:北米のスター、ロビー・ゴードンが2年の休養を経て戦線復帰

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北米シングルシーターのCARTや、NASCARでの優勝経験も持ち、長年ラリーレイドでも活躍を演じてきたスタードライバー、ロビー・ゴードンが2年ぶりにダカールラリーに復帰。2019年1月6日から開幕する南米ペルー単独開催の第41回大会にエントリーする。

 1992年から8シーズン参戦したCARTシリーズでは通算2勝、同じ時代に並行してチャレンジを続けてきたNASCARスプリントカップシリーズでも、2012年までのキャリアで通算3勝を挙げているゴードンは、2005年シーズンからダカールラリーにもレギュラー参戦を開始。

    J SPORTS、2019年1月6日開幕のダカールラリーを連日ハイライトで放送。独自の取材部隊も派遣

 11年連続の出走で通算6回のステージ勝利を記録するなど2輪駆動のバギーで活躍し、2009年には自身の代名詞でもあるハマーをドライブして総合3位に食い込んでみせた。

 また近年は自身の発案によるスタジアム・スーパートラック・シリーズの“スピードエナジー・フォーミュラ・オフロード”を立ち上げるなど精力的な活動を続けていたが、2017年には同シリーズで訪れたオーストラリアの市街地で、競技トラックでドーナツターンを披露したことが問題視され、同国のモータースポーツ連盟(CAMS)から競技ビザを無効とされる厳しい状況も経験した。

 すでに調停も終えライセンスも再発行となり、さらにオーストラリアの交通安全協会に寄付金も贈呈したゴードンは、この2019年大会からダカールラリーにも本格復帰。同イベントで長年タッグを組んできたケロン・ウェルシュとともに、自身も開発に携わったテキストロン社製のオフロードレーサー、『ワイルドキャットXX』で参戦することを決めた。

「ケロンは過去4大会のうち、3度も僕のナビゲーターを務めてくれた旧知の仲だ。ペルーに向かいクラス優勝はもちろん、総合でも良いポジションを獲得するには、彼以上に強力な人材はいないだろうね」と意気込みを語ったゴードン。
 49歳のゴードン率いるこのチーム・スピードには、同じくスピードエナジー・フォーミュラ・オフロードに参戦するブレード・ヒルデブランド、コール・ポッツの2名も参加。ともに『ワイルドキャットXX』をドライブする。

 ポッツは元バハ1000勝者のマックス・エディとペアを組み、ヒルデブランドはダカールの2輪部門でステージ優勝の経験を持ち、2016年にはゴードンのチームメイトを務めたシェルドン・クリードとのタッグで挑む。

 クリードは長年オーバル・シリーズでのキャリアを築いており、2018年は北米のストックカーであるARCAレーシング・シリーズでタイトルを獲得。2019年はNASCARトラック・シリーズへの参戦も決まっている。

「ダカールラリーは、その歴史上で最も偉大で有名なアメリカ人コンペティター、ロビー・ゴードンの復帰参戦を歓迎し、とてもうれしく思っている」と語るのは、大会コーディネーターのハビエル・ガヴォリ。

「彼の積極的で攻撃的なドライビングスタイルと、優れたショーマンシップはダカールラリーにおける語り草でもあり、チーム・スピードは2019年大会で要注目チームの筆頭になるだろうね」

 テキストロン社製のオフロードレーサー『ワイルドキャットXX』は、北米のオフロード・レーシング協会であるSCOREインターナショナルの認可を受けており、ダカールラリーではオープンクラスからのエントリーとなる。

 ダカールラリー2019年大会は、年明け1月6日から17日にかけて全10ステージ、5541kmの勝負が幕を開ける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します