現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スズキ、アルト/アルト ワークスの仕様を一部変更。安全装備を充実させ12月13日より発売

ここから本文です
スポーツ 2018.12.13

スズキ、アルト/アルト ワークスの仕様を一部変更。安全装備を充実させ12月13日より発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月13日
プレスリリース

スズキ、軽乗用車『アルト』、『アルト ワークス』の安全装備を充実させて発売

    スズキ、『アルト ラパン』にシックで大人らしい印象の特別仕様車“モード”を設定

 スズキ株式会社は、軽乗用車『アルト』、『アルト ワークス』を一部仕様変更し、安全装備を充実させて12月13日より発売する。

 軽乗用車『アルト』は、前方の車両や歩行者の検知を可能とした衝突被害軽減ブレーキ“デュアルセンサーブレーキサポート”を採用したほか、後退時の衝突被害軽減ブレーキ“後退時ブレーキサポート”、車線逸脱警報機能やハイビームアシストなどを追加し、スズキの予防安全技術“スズキ セーフティ サポート”の機能を充実させた。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する“セーフティ・サポートカー※1”の“サポカーSワイド※2”に該当する。

 内装では、シート表皮色にネイビーを、インパネやドアトリムガーニッシュ色にグレージュを採用するなど、落ち着いた室内空間に仕上げた。また、ディスチャージヘッドランプをメーカーオプション設定※3した。

 軽乗用車『アルト ワークス』は、5AGS車に衝突被害軽減ブレーキ“デュアルセンサーブレーキサポート”などを標準装備したほか、車体色には、鮮やかな“ブリスクブルーメタリック”を新設定した。

※1 自動ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車)の愛称。略称・サポカー。

※2 安全運転サポート車のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される“サポカーS”の区分のひとつ。“サポカーS ワイド”は、自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。

※3 アルトS・Xにメーカーオプション設定。

販売目標台数(月間)
アルト、アルト ワークス 合計7500台

『アルト』『アルト ワークス』一部仕様変更の主な特長
予防安全技術“スズキ セーフティ サポート”の機能を充実
●単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ“デュアルセンサーブレーキサポート”を採用。あわせて誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストを搭載し、安全装備を充実。

●リヤバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後退時の衝突回避または被害軽減を図る“後退時ブレーキサポート”を採用。あわせて後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーを搭載。

*アルトS・X、アルト ワークス(5AGS車)に標準装備。アルトF(5AGS車)、Lにメーカーオプション設定。

アルトの内装色を変更
●シート表皮色には“ネイビー”を採用。

●インパネ、及びドアトリムガーニッシュ色には“グレージュ”を採用。

アルト ワークスに車体色を新たに設定
●車体色“ブリスクブルーメタリック”を新設定。

メーカー希望小売価格
アルト:84万7800円~126万6840円(税込)
アルト ワークス:154万7640円~165万5640円(税込)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します