現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > STCC:2017年王者ダールグレンがPWRと契約延長、新カラーでタイトル奪還へ

ここから本文です
スポーツ 2018.12.7

STCC:2017年王者ダールグレンがPWRと契約延長、新カラーでタイトル奪還へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 STCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権で2018年に初のチームチャンピオンを獲得したPWRレーシングは、2019年シーズンに向けロバート・ダールグレンとの契約延長を発表。2017年のドライバーズチャンピオンが2度目のタイトル奪還に向け新たにパープルをまとったセアト・クプラTCRをドライブする。

 2018年も4台体制を敷き、ダールグレンをエースにチーム代表のダニエル・ハグロフ、ルーキーのフィリップ・モーリン、そして女性ドライバーのミカエラ-アーリン・コチュリンスキーがダークグレーのクプラで参戦。

    WTCR:49歳イバン・ミューラー、2019年も現役続行へ。シアン・レーシングと正式契約を発表

 エントリー名をセアト・ディーラーチームとするこの名門は、“エキゾースト・ゲート”と呼ばれた違法排気管使用問題で嫌疑が掛けられるなどの難局も乗り越え、所属ドライバー全員が勝利を挙げる活躍を演じてきた。

 チームは2019年シーズンに向け、新たにタイトルスポンサーに迎えたスウェーデンのエレクトリック・エナジー企業、シェレフテオ・クラフツとの提携に合わせてエースカーのカラーリングを紫ベースにチェンジ。

 同社はPWRレーシングが開発したフルEVツーリングカー・コンセプト“PWR001”の開発でも重要なパートナーとなっており、今後もそのR&Dを加速させる計画だという。

 STCCは2019年も引き続き現行のTCR規定を採用し、PWRもクプラ・レーシングとのジョイントで複数台のクプラTCRを走らせる。

「チームが僕に信頼を寄せてくれていると感じるのは、本当に誇らしい気分だ。短期的にも中長期的にも、チームとともにどんなことが成し遂げられるか、とても楽しみにしている」と、契約延長を決断したダールグレン。

「もちろん、最大の目標はトラック上での勝負に勝つことだが、それと同じくらい重要なのは持続的発展に向け将来的な技術開発をリードしていくことだ。モータースポーツは常に自動車の技術開発の最先端であり、シェレフテオ・クラフツとの協力関係はその仕事の重要な要素になると確信している」
 自らもステアリングを握り、ダールグレンの僚友としてタイトル争いの輪に加わったハグロフ代表も「スターティンググリッドに並んでいるときは誰もが勝ちたいと願う。それはこのスポーツの本質だ」と続ける。

「しかし、より持続可能な社会を創り出すために、我々はみな同じ課題に向かってチャレンジしている。シェレフテオ・クラフツとの協業でトラック内外で再生可能エネルギー100%に向けた開発の推進を楽しみにしている」

 またSTCCは2019年暫定カレンダーでTBAとなっていた第6戦を、デンマークのユトランド半島シルケボーに位置するユランリングで開催することを発表。2012年以来にSTCCのデンマーク・ラウンドが復活することになった。

「デンマークは、スウェーデンと並んでこの地域で国内モータースポーツ活動の盛んな地域だ。STCCのレースを再び開催できることを喜んでいるし、この決定は非常に正しい判断だったと信じている」と語るのは、STCC ABの執行取締役を務めるカリン・バース。

 この9月最初の週末は、デンマーク国内シリーズでシルエット方式のワンメイクツーリングカーであるDTCとの併催が予定され、STCCのレースにはTCR車両を保有するデンマークの複数チームが、ワイルドカードでの参戦を見込んでいる。

STCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権2019年カレンダー
RoundDayCircuitRd.15月4~5日クヌットストープRd.26月1~2日アンダーストープRd.36月15~16日シェレフテオRd.47月13~14日ファルケンベリRd.58月17~18日カールスクーガRd.69月7~8日ユランリング(デンマーク)Rd.710月4~5日マントープパーク


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します