現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 元F1ドライバー、マルドナド擁するドラゴンスピードが2台体制でデイトナ24時間参戦へ

ここから本文です
スポーツ 2018.12.5

元F1ドライバー、マルドナド擁するドラゴンスピードが2台体制でデイトナ24時間参戦へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WEC世界耐久選手権のLMP1、LMP2クラスに参戦しているドラゴンスピードは2019年1月26~27日、アメリカ・フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われる『第57回デイトナ24時間レース』に、2台のLMP2カーで挑む。

 今年10月にチームのレギュラードライバーであるベン・ハンリー、ヘンリク・ヘドマンにニコラス・ラピエールを加えた布陣で2019年のIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSCC)開幕戦に参戦すると発表したドラゴンスピード。昨年行われた第55回大会に参戦し完走を果たしているチームは、先にアナウンスした1台目に加えて2台目のLMP2カー『オレカ07・ギブソン』を来シーズンのWSCCオープニングレースに投入する。

    IMSA:ローゼンクビスト、フォードGTをテストへ。ザナルディもデイトナでBMW M8初走行

 ドラゴンスピードのチーム代表、エルトン・ジュリアン氏はSportscar365に対して、2台目のオレカをデイトナで走らせることを明かすと、元F1ドライバーで現在は同チームからWECに参戦しているパストール・マルドナドとメキシコ人ドライバーのロベルト・ゴンザレスがマシンをシェアすると語った。

 2019年のWSCCは最高峰クラスのプロトタイプ(P)クラスをプロ向けのDPiクラスと、プロ・アマのLMP2クラスに分割され、LMP2クラスではドライバーグレードによる参加条件が設けられる。具体的には基本3名からなるラインアップ中、プラチナ1名とゴールド1名、またはゴールド2名というようにプロドライバーの人数が制限されている。

 ドラゴンスピードのラインアップは現時点でこの参加条件に対応済み。LMP2クラスの規定ではデイトナは最大5名のエントリーが許されるため、プラチナのラピエールとゴールドのハンリーを擁す1台目ではジェントルマンドライバー2名を、また、マルドナド組の2台目ではゴールドグレードのドライバー1名と2名のジェントルマンドライバーを追加起用することが可能だ。

 なお、DPiクラスとGTEマシンで争うGTル・マン(GTLM)クラスでは最大エントリー数が4名となっている。

 ジュニアン氏によれば、ドラゴンスピードは参戦中の2018/2019年WEC“スーパーシーズン”第6戦セブリング1000マイルと併催となるWSCC第2戦セブリング12時間にも出場する可能性があるとしているが、これにはデイトナでの好成績が必要不可欠であるとみられる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します