現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 気になるフォーミュラEのニスモの役割。e.ダムス、ニッサンとの3社ではなく「実は4社」の共同プロジェクト

ここから本文です
スポーツ 2018.12.4

気になるフォーミュラEのニスモの役割。e.ダムス、ニッサンとの3社ではなく「実は4社」の共同プロジェクト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月15日にサウジアラビアで開幕戦を迎えるフォーミュラE。シーズン5となる2018-2019シーズンにe.ダムスとタッグを組んでニッサンがフォーミュラEに参戦することになったが、ニスモフェスティバルが開催された富士スピードウェイでチーム、そしてニッサンの首脳陣に体制面などについて聞いた。

 シーズン4までルノーとタッグを組んでフォーミュラEに参戦していたe.ダムス。シーズン5からはルノーのフォーミュラE撤退を受ける形でルノーに代わってニッサンとe.ダムスの組み合わせが発表され、そこにニスモの名前も刻まれることになった。

    ニッサン・フォーミュラEを率いるカルカモ氏に聞いた「日本人スタッフがいない理由」

 気になるのは、e.ダムス、そしてニッサン、ニスモのそれぞれの関係性と役割だ。ニスモフェスタでのフォーミュラE初走行に合わせて富士スピードウェイを訪れメディアの会見に参加したニッサン・グローバルマーケティングのルードゥ・ブリース常務役員は、「3社ではありません」と、今回のプロジェクトを説明する。

「実は3社だけではなく、4社になります。ルノーF1も加わることになるからです。e.ダムスはもちろん、レーシングチームなので現場でのレース運営を担当します。そしてルノーF1(ルノースポール)から、これまでF1の現場で培ってきた技術をフォーミュラEに引き継ぎます。ニッサンはEV技術のノウハウがあります。そしてニスモにはレースでのたくさんの経験とソフトウェア面での開発、運営実績があります」とルードゥ・ブリース常務役員。

 同じくメディア会見に参加したニスモの片桐隆夫社長が、ルードゥ・ブリース常務役員の言葉を受けて続ける。

「ニッサンにはテクニカルセンターでの開発技術がありますが、どの技術、ノウハウがレースに向いているのか。チームもニッサンも正確に分からない部分があります。そこでニスモが案内役のような形を務めることになります」と片桐社長。

「さらには、これはひとつの例ですがニスモには日本のスーパーGTで培ってきたタイヤマネジメントのノウハウも豊富にあります。そういったレースのノウハウをチームに伝え、フォーミュラEのレースで役立てるような役割になります」とニスモの役割について説明した。

 実際、ニスモからはエンジニアリング面でのスタッフがフォーミュラE担当として派遣されているとのことで、パワーユニットや車体開発面といったハード面での関わりではなく、ソフトウェア面での開発協力という形になるのだという。

■フォーミュラEの日本開催について「横浜で開催したい」
 また、同じく会見に出席したニッサン・モータースポーツ・ディレクターのマイケル・カルカモ氏は、リザーブ兼テストドライバーとしてスーパーGTドライバーでもある高星明誠、公式シミュレータードライバーをヤン・マーデンボローが務めることについて応えた。

「高星は私たちが何人か検討したドライバーたちのなかでもっとも適したドライバーでした。マーデンボローについてはみなさんがご存知だと思いますが、彼の(シュミレーターゲームでの)バックボーンがあるように、シュミレーターでのレスポンスが素晴らしかったことがチームに加わった理由です」とカルカモ氏。

 日本のファンにとっては当然、レギュラードライバーとして日本人、または日本のレース出身のドライバーがフォーミュラEに参戦する姿や、ニスモが全面に出てフォーミュラEを戦う姿を見たいが、ニッサン・フォーミュラE活動の初年度としては、まだまだ海外主導の形での参戦となるのが現実的だ。

 先日にはフォーミュラEの2019/2020年シーズンからの韓国での開催が発表されたが、やはり、ニッサンが参戦するからには日本での開催も期待したい。日本開催については、ルードゥ・ブリース常務役員がその可能性について話した。

「もちろん、是非、日本でフォーミュラEを開催してほしいです。やはり(ニッサンの本社がある)横浜で開催したいですよね。当然、日本開催の実現には地元の自治体の協力やオーガナイザーの判断が必要ですが、私たちも積極的に主催者側と交渉を行っていきたいと思っています」とルードゥ・ブリース常務役員。

 これまで4シーズン開催されたフォーミュラEだが、現実的には日本のモータースポーツファンにはフォーミュラEはまだまだ遠い存在であるのは間違いない。国内でフォーミュラEが盛り上がるためには、日本人ドライバーのレギュラー参戦、または日本の市街地での開催など、もう一歩踏み込んだ関わりが必須になる。






  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します