現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リカルド、フェラーリF1加入に向けて交渉はしたものの、何者かに移籍を拒まれたと明かす

ここから本文です
スポーツ 2018.12.4

リカルド、フェラーリF1加入に向けて交渉はしたものの、何者かに移籍を拒まれたと明かす

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダニエル・リカルドは、今年序盤に抱いていた2019年のフェラーリF1移籍の希望は、フェラーリのいずれかの人物が彼の加入に反対したことで、短期間で潰えたことを明らかにした。

 来シーズンにレッドブルからルノーへ移籍することを今年の夏に決める前、リカルドはフェラーリと2019年にキミ・ライコネンの後任となる可能性について話し合いをしていた。

    浮き沈みの激しかった2018年F1シーズンでは「精神力を試され強くなった」とリカルド

 しかし最終的に話し合いは不首尾に終わった。リカルドが要求する報酬が、フェラーリがオファーのために準備していた金額を上回っていたのではないかとの噂がある。

 多額の報酬を要求したかを問われたリカルドは、イタリアの放送局Automotoに「なぜだか分からない」と答えた。

「なんの話をしているのか分からないな。誰が僕が高すぎる報酬を希望したかどうかって? 明らかに、誰かが僕の移籍に反対していたんだ。誰だか知りたいけれど、もしかすると心当たりがあるかもしれない......」

 フェラーリとの接触があったことを否定しない一方で、リカルドは当時、ライコネンのシートの行き先はすでに決まっていたと感じていたという。

「僕たちは話し合いをしたけど、彼らはすでに(シャルル・)ルクレールとの話をまとめていたことが分かっていた。だから僕の話し合いは終わったんだ」とリカルドは付け加えた。

「彼らにとってそれが正しい選択で、上手くいくことを願っているよ。僕自身について言えば、僕はまだしばらくF1にいたいし、また話し合う機会もあるかもしれないね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します