現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 松下信治、FIA F2テストでレースペースに自信を深める。課題の予選は「これから研究」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.3

松下信治、FIA F2テストでレースペースに自信を深める。課題の予選は「これから研究」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで11月29日~12月1日、FIA F2のポストシーズンテストが開催され、2019年にカーリンからF2へ復帰する松下信治は最終日に7番手タイムをマークした。

 2015~17年にARTグランプリからF2(旧GP2)に参戦していた松下は、2019年にマクラーレンからF1デビューするランド・ノリスを輩出したカーリンからF2に復帰参戦する。

    チャンピオンチームからF2復帰の松下信治。アブダビテスト初日を8番手で終える

 そんな松下、アブダビテストの最終日に7番手タイムを記録。トップにつけたチームメイトのルイス・デルトラズからは0.5秒遅れとなったものの、レースペースに自信をみせる。

「午前中にレースシミュレーションをやりました。すごくいい感触で、デグラデーション(タイムの落ち幅)も一番少ないと思う。チームメイトと比べても(ロングランのトータルタイムが)20秒ぐらい速かったので、それはすごいよかった。ネガティブな感じでは無いです」と松下は語る。

「午後はニュータイヤを入れました。走りのレベルは良いところまで来ているんですが、予選アタックで(デルトラズと)コンマ5秒ぐらい差があります。データを見てみると、ちょっとした差があって、そこをまだ攻めきれていないです。予選に関してはこれから研究します」

 3日間のテストを振り返り、「最初はぎくしゃくしていたけど、だんだん良くなってきています」とする松下。

「テストなのでどれだけ自分が失敗して、そこから学んで、レースで活かせるかが重要。レースシミュレーションに関してはいいプロセスを踏めました」

■2019年は「戦える」と自信を深めた松下信治
 チームメイトとの差については「基本的には2台とも同じセッティングです。データロガーを見ると、ブレーキングはほぼ同じでいい感じですが、コーナー出口でちょっと負けてたり、ラインがもう少しアウトからだったり、細かいところ。まだドライビングで改善できます。まだタイムは上がりますよ」

 シーズンの目標は4位だとする松下は「2019年シーズンは戦えると思います」と自信をみせる。

「カーリンには常に表彰台争いができるポテンシャルがあるし、予選でもレースでも速い。あとは僕がもっと詰められると思うので、できるかぎりの準備をして良いシーズンにしたいです」

 2019年シーズンに向けて自信を深めた松下。チャンピオンチームでの奮闘に期待したい。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します